1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

テーマ:ブログ
なんて美しい月夜でしょう。
空気が澄んできたのか、まあるい輝く月が際だってキレイに見えます。

朝晩冷え込むようになって虫の声は聞こえなくなり、家の周りは静寂に包まれています。風が吹くと木々が揺れる葉音が思った以上に大きくざわめき、時折車の走る音が辺りにとどろいたりします。


東京にいた頃は、大きな幹線通りに面したマンションに住んでいたので、車の騒音が24時間いつでも聞こえていました。少し窓を開けているとうるさいほど。
友人が自宅に電話をかけてきて、しばらく話していると、『あれ、今外?』とよく言われるほどでした(お前さぁ、どこに電話をかけたんだ?…と、ツッコむのもお約束)。
そんな環境でよく眠れるなぁと思っていても、慣れればぐっすりです。


そういえば子供の頃、東京から静岡に引っ越しをしたとき、虫の声やカエルの声がうるさくて全然眠れなかったことがありました。そのうち慣れて、その音を聞きながら眠る習慣ができれば、こんとは上京したときに都会の喧噪がうるさく感じてなかなか寝付けなかったり。

上士幌に移住したばかりの頃は、都会の騒音に慣れた生活をしていたので、あまりの静かさにちょっと戸惑ったものです。ボブは、『静かすぎてちょっと恐い』なんて言ってたことを思い出します。
季節になると夜もさえずる鳥の声が聞こえすぎてうるさく感じたり、想像と違いすぎるキツネの鳴き声にびっくりさせられたり…。
でも今ではこの静けさが心地よい生活です。


聴く音楽も変わってきました。
以前はジャズやフューション、ロックやブルースを好んで聴いていたのですが、最近はアコースティックなサウンドが好きで、アメリカやイギリスのフォークやカントリーなど聴くことが増えました。

Perfumeや少女時代にハマってるのはご愛敬っつーことで……。

月明かりに素敵な音楽を…



Zac Brown Band/Free

ボクちゃんって…

テーマ:ブログ
ブログを読むと書き手の一部を知ることができちゃったりする。

男性女性はわからなくても、取り上げる話題や内容によって年齢層や地域がわかったりするし、経験や知識などによって過去の断片を想像できたり、行動範囲も何となくわかったりする。

またほんの一部分だろうけれど、人柄や性格などのイメージも伝わってきたりもするでしょ。
この人は視点が面白いなぁ…とか、この人はいい人そうかも…とか、ちょっとクセがありそうな人みたい…なぁんてあれこれ想像するのはとっても楽しい。

ブログは読むものだから、別の人が同じ内容について書いた記事でも、文章の構成や書き方、言葉の選び方や表現力などによって記事の印象は全然違ってしまうのは当然のことだし、読み手の好みの文章だったりすれば、記事内容は別にして好印象になることが多いこともあれば、構成力が高かったりすると書き手がとっても賢く思えたりすることだってあるわけです。

うまく表現できなくて、読み手の誤解を招き、ブログが炎上〜っ!なんてことになったら悲劇だし、そう考えるとブログを書くのもなかなか大変なことなんだなぁと思ったりしますよね。
今更なんだけど…


そんなことを考えたりしてたら、ふと気がついた。
自分が書いた記事は読んだ人にどんな印象を持たれているんだろうか…と…(が~ん遅ぇーよっ!)。

今までそんなこと思ったこともなかった。って言うか、どうして今までそのことについて考えなかったのか?と、自分に呆れつつ、お気楽な性格ちょっぴり反省したりしているわけなのです(もう何度目のちょっぴり反省だろう…)。


今までアップした自分のブログは読み返したりしてなかったので、いい機会だから他人のブログを読むつもりで、久しぶりにアップしたばかりの記事を読み返してみることに…。


………
………
うぅ…はずかしい。
やっぱ読み返すもんじゃないなぁ…。(とまたプチ反省)メモメモ
映画を観た後で書いてっからまぁなんとなくわからなくもないけれどさぁ…。


なんてセンチメンタルな記事っ……。
ボクちゃんっておセンチさんだったのら〜きゃ~
っていうか久しぶりにセンチメンタルなんて言葉聞いた気がする…。



センチメンタルと言えば読者層は
やっぱこれ?(こらこら)


伊代ちゃんのセンチメンタル・ジャーニー
音符ボクはもう○才だからぁ〜音符(古っ)


おっ突然だけれど、センチメンタル・シティなんて曲も思い出しちまった。華麗なる刑事っていうドラマのエンディングテーマで、主演の草刈正雄が歌ってたんだけど…知ってる人っているのかなぁ。結構好きな曲だったんだよね。

当時このドラマの提供が三菱自動車で、ドラマ内で赤のラムダ白のセレステが使われてたんだけれど、セレステは音が静かってCMの売り文句があって、ドラマ内の走行シーンではエンジン音をカットしてたんだよね(遠い目)。ふぅ~




ということで、センチメンタルといえばお気に入りはこの曲

She & Him/Sentimental Heart

She & Him(シー・アンド・ヒム)は女優のZooey DeschanelとシンガーソングライターM. Wardのデュオです。
『Pic up Album』のコーナーに追加しておくのでよければチェックしてみてくださいまし。

16年後の福島

テーマ:ブログ
ごぶさた~っ!っす。きゃ~

活動していない間、ご心配をいただいたりお叱りをいただいたり(ほとんどがお叱りなんですけれど…)ありがとうございました。うう・・・

ブログは休んでましたけれど、毎日とっても有意義に上士幌ライフを満喫していましたよ。
空気はキレイでおいしいし、暑い夏なのに蛇口からは冷たい水を飲み放題。自家菜園のキュウリにトマトに枝豆、ピーマンやトウモロコシ。広い空に浮かぶ雲や満天の星空。見晴らしの良い居間でぽっかぽかの陽射しを浴びながらのお昼寝…

あ~幸せすぎるぅ~っきゃ~!!

・・・・
・・・・・
・・・・・・

で、な〜んでブログを更新しなくなっちゃったのかっていうと、書かなかった…んじゃなくって、書けなくなっちゃったっていうのが正直なところかなぁ。

ちょっと重めの話しになっちゃって申し訳ないっすけれど(読み飛ばし可)…。

+++++++++++++++++++++++
5月のある日、身内や友人の残念な報告が届き、どうしても被災地について考えることが多くなっちゃうわけなんだけれど、岩手や宮城の被災地のことを考えてると、地震被害よりもやっぱり福島の原発問題のことがとってもと~っても引っかかってしまって…。

楽しい話題でも…と思うんだけど、『失った方々』を励ますことはできても『奪われた方々』を元気づける手立てが見つからないというか…もしかすると徐々に命が蝕まれていくかもしれない状態ってどうよ?って思うとさぁ…。
でも、上士幌にいると豊かな自然の中で幸せを感じながら穏やかな生活を送っているわけじゃん。

でしょ?
 

罪悪感というか、申し訳ないというか、残念というか。気の毒というか…。

で、いざ書こうと思うと…政府の対応がいちいち気に障るわけで…むき~
放射能の問題や生活および食品の問題など、まったく納得いかないし許せないことばかりで、政治批判ブログになっちゃうわけで…。かといって福島の人たちのために私財は全部投じないし、毎日幸せに暮らしちゃってるわけなんで………

そんなループにハマってた5ヶ月なのでございます。
+++++++++++++++++++++++

気持ちの整理がついた…というか…気持ちに整理をつけて再起動って感じかな。
かといって今までと同じようにマメな更新や気の利いたコメント返しはできないっすけれどね(ちっ)。
またよろしくおねげぇします。すいません



さて、あいもかわらず前置きが長くなりましたが、やっと本題です。


今日『チェルノブイリ・ハート』という映画をシネとかち(プリンス劇場)で観てきました。

チェルノブイリの事故から16年後のウクライナやベラルーシの現状を写したドキュメンタリー映画っす。

チェルノブイリ・ハート


目に見えないしすぐに体の変化がわからない放射能の恐怖を実感させられまくっちゃいました。

これが16年後の福島かよ…って…

まっ、マジですか?ガクガクブルブル


放射能基準値以内なら土地も食品も安全なの?とか、除染すりゃぁ住めるの?とか、いまいち汚染地域の将来のビジョンがわからなかったけど、この映画を観たら一発解決です。

ホラー映画より恐いこと間違いなし…かも。

+++++++++++++++++++++++++
Cineとかち プリンス劇場
0155-23-4556
チェルノブイリ・ハート上映時間
10月1日(土曜日) 16時50分-61分/18時00分-61分
10月2日(日曜日) 16時50分-61分
10月4日(火曜日) 12時20分-61分/19時00分-61分
10月5日(水曜日) 12時20分-61分/19時00分-61分
10月6日(木曜日) 12時20分-61分
10月7日(金曜日) 12時20分-61分/19時00分-61分
10月8日(土曜日) 19時20分-61分
10月11日(火曜日)19時00分-61分
10月12日(水曜日)19時00分-61分
10月14日(金曜日)19時00分-61分

+++++++++++++++++++++++++

お気に入り

テーマ:ブログ
わたしは自他共に認めるテレビ好きだ。

キッズにはテレビを観る時間を厳しく制限しているくせに…と言われてしまうが、自分にはアマアマなのだ。それでいいのだ!と、赤塚先生もおっしゃっているのだから、それでいいのだ。きゃ~
ボブはもともとテレビを長く観ることができない体質(目が疲れてしまうらしい)なので、観ようと思わないらしい。今では居間のテレビはほとんど点いていない。

一人暮らしの時は、自宅に帰るとまずなによりも先にテレビを点けるのがクセになっていた。観たい番組がなくても、放送している番組の中から適当な局を選び、観るとも観ていないともいう状態でテレビを流し続け、寝るまで点けっぱなしだった。映画好きでもあるので暇なときはレンタルビデオを観ることも多かった。

そもそも子供の頃からテレビっ子だった。
考えてみると親がまったく同じ行動をしていたのだ。
学校から帰るとすでにテレビが付いている状態で、親は寝るまでテレビをただただ流していたのだ。冬になるとこたつがあって、食後ごろごろしているとそのまま寝てしまうことも多いのだが、それを見計らってチャンネルを変えたりすると、なぜか目を覚まして『観てたのに…』というのが面白かったことを覚えている。

ほとんどが親の観たい番組でドラマや音楽番組が多かったため、その時代の番組や音楽は驚くほど覚えている。また、7時から8時は子供番組が流れていた時代で、宿題が終わっていればアニメやヒーローものを観ることもできた。いい時代だったのかも知れない。ふぅ~


で、テレビの何が好きかというと、実は一番好きなのが『CM』だ。
番組なんかよりもCMの方が面白いと思っていた。そう、90年代までは…。
バブルが崩壊して、消費者金融のCMが増え始めた頃から質はガタっと落ちてしまった、最近は保険やパチンコが多くて本当にがっかりしている。バイバイ


そういえば、震災後テレビ局の一般CM自粛のおかげで『ぽぽぽぽ〜ん』がとっても話題になった。善意のCMをテレビ局の勝手な判断で流し続けた事情も知らずに、ACへ苦情や非難をしたアホ視聴者が出たことで、視聴者の質もがた落ちになったこともショックだった。
なぜ同じCMが流れているのか?…ということを深く考えもせず、無料で観ているテレビ放送にもかかわらず、気にいらねぇなどと自分たちの都合ばっかり言いやがって…ゴラァ~と、その情報が流れたときにはめちゃくちゃムカついた。
気に入らなければ消せばいい。CMが気に入らないなら某国営放送でも観りゃぁいいんだ……と、このブログで書きたい気持ちは大人なのでやめたけれど…(結局書いちゃったけど…きゃ~!!)。しかもテレビ局はそのことについて一切謝罪もしないなんて…。



あぁ…大好きなCM文化が…


そうなると目は自然と海外に向いてしまう。日本のCMの質が落ちたからといって海外は違う。CMフェスを観れば、毎年秀逸な作品をたくさん観ることができることでもよくわかる。
うれしいことにネット社会が発達したことで、多くの作品を気軽に観ることができて、最近では日本のテレビにあまり期待をしなくなった。

例えばこんな作品が個人的にはお気に入りだったりする。ベタっすけど…。

また最近、ネットCMを意識して大手ブランドが短編映画のような作品を制作することもあって、毎回楽しんでいる。特に最新作のシャネルは好きだったりする。

まずはDucati(バイク)。70年代の750ssで20代の憧れバイクだった。L型エンジンにブレンボンやマルゾッキのパーツ…。パリの町にイタリアのバイクってのもいい。
そしてJoss Stone(ジョス・ストーン)。歌声が粋なイギリスの女性ボーカリスト。ついでなのでPic up Albumのコーナーに追加しておこう。で、歌っている曲がまたいい。‪It's A Man's Man's Man's World‬はJBの曲だが、彼女が歌う香水のCMだから、男社会を皮肉っている感じが最高だ。それに、以前ライブで2人がこの曲で競演したことが彼女を選んだ理由なのかなぁ…なんて考えるのも楽しかったりする。
ストーリーは好き好きだろうけど。
Keira Knightley(キーラ・ナイトレイ)については、また今度。バイバイ

サントリーの『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』の歌うCMはそれなりにいいけれど、こういうことでもなければ生まれない作品だったりすると思うとちょっぴり悲しかったり…。
CM好きとしては、日本のCMがまたレベルアップしてくれるとうれしいなぁ。

4月の誕生日会

テーマ:ブログ
我が家では、キッズがテレビを観ることができる時間はどんなに多くても1日2時間と決められている。朝30分夕方30分夜は放送しているものを30分~1時間しか観ることができないルールとなっているのだ。

大人も夜の6時45分から7時半まではニュースや天気予報を見るが、それ以外、キッズが起きている間は居間のテレビは消えている。

キッズはずっとそのルールで育ったので、まったく違和感なく、録画したテレビ番組やアニメやヒーローのDVD、映画などを自分なりに時間を配分しながら観ている。

そのキッズの最近のお気に入りが『ワンピース』だ。どこかで『トニートニーチョッパー』というキャラクター商品を見てから興味を持ち始め、テレビ放送のCMを観たことをきっかけにハマったらしい。

チョッパーくん
チョッパーくん
ワンピース
こちらは単行本

キッズにためにレンタルDVDを借りることになったことで、レンタルショップに出入りすることになったが、そこで『宇宙戦艦ヤマト』というアニメを目にすることになる。最近、実写版が映画化され、木村拓哉が主演をしたことで話題になったので、知っている方も多いかもしれない。自分にとって思い入れの深いアニメだ。
実写は興味がないので観ていないけれど、こちらはあまりの懐かしさに思わず借りて観てしまった

宇宙戦艦ヤマト


ガミラス帝国の攻撃を受け、放射能で汚染された地球を救うために、14万8千光年先のイスカンダル星に放射能除去装置を取りに行き、地球を救うというストーリー。
なんてタイムリー! こいつがあればたちまち日本も……。おねがい



そうだ、イスカンダルへ行こう!
♪きのう きょう あーす~♪by 谷村 新司 (古っ…)ふぅ~



いや、どうせアニメなら『マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン』と魔法ひとつでたちまち放射能がきれいな空気に~…っていう方がもっと簡単だ。ちなみに『マハリクマハリタ…』『魔法使いサリー』の唱える呪文なのだが、個人的には『テクニク テクニカ シャランラー』と言う『魔女っ子メグ』の方が好みだ。
(……え〜っと、なんの話しだっけ……)



……ということで、今晩は4月の誕生日会がありました。

2011年4月の誕生日会その1


いつもながらですが、どうしたらこんなにおいしいものが並ぶのだろう感心してしまうほどいろいろな料理を堪能させていただきました。いやぁ〜満腹満腹〜っきゃ~

2011年4月の誕生日会その2


そして今宵は30年以上原発に反対してきた『はげ庵診療所』『安藤先生』に、チェルノブイリ事故後の現場に行った経験や放射線の脅威についてお話ししていただきました。ベラルーシの子どもたちの悲惨な現状泣きや、人体への影響、放射線の拡散区域などについてデータを元に解説してくださいました。
大変勉強になりました。すいません

危険なエネルギーを無理に使う社会ではなく、安全で安心なエネルギーを大切に使う社会を目指して欲しいですね。これからのこどもたちのために…。
1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

さっちゃん

’97 東京から上士幌にきました。
農村地区に住んで自然の中で暮らす幸せを感じています。

家族と音楽とサッカーとバイクをこよなく愛するお茶目さんです。

ブラックな笑いを好むので、お目障りな記事があるやもしれませんが、十勝の大地のような広い心で許してくださいませ。

性別
男性
都道府県
北海道

ランキング

総合ランキング
89位 / 689人中 down
ジャンルランキング
8位 / 17人中 keep
移住
地域ランキング
45位 / 96人中 keep
上士幌

サイトバナー

かみしほろん