≪最初 <おおざっぱな青空 |TOP| 最小の小路> 最新≫

現役士幌線遺構

テーマ:ブログ
龍門トンネル

上士幌町 ぬかびら源泉峡へ向かう道。
旧国鉄士幌線アーチ橋梁群が見えだす『黒石平』の付近は山岳地帯の様相が高まり、トンネルが多くなります。
ダムを横目に見ながら走る付近はトンネルが短区間に連続していき、景色をゆっくり見ることも叶いません。

上士幌町糠平周辺にはたくさんのトンネルがあって上士幌町市街側から順に

鱒見トンネル
泉翠峡トンネル
(糠平ダム前面)
龍門トンネル
ぬかびら湖畔トンネル
不二川トンネル
糠平トンネル
三の沢トンネル

旧道上からみた龍門トンネル糠平側と跨線橋

このあたりは完全に山岳地帯のため、駐車場もほとんどなくトンネルに挟まれた橋の上でもあるので路上駐車は危険です。糠平への進行方向側に龍門トンネルがあって、糠平側の出口に駐車して歩道を歩いていくことになります。
まぁ、288mのトンネルですから大したことではないでしょう。

糠平跨線橋全景

跨線橋の名前と所属その龍門トンネルの糠平側出口に鉄橋があります。
ぬかびら源泉郷からの帰り道に橋の名前が目にとまった。
『ぬかびらこせんきょう』。。。クエッションマーク 糠平跨線橋ビックリマーク

すると線路を越えていたって事なんだね。
ところが車から見えるあたりには軌道の跡らしきものは見えない。。。
わずかに見える橋の両側も鉄路が走るような場所には思えない。

『どういうことになってるんだろう』カエル

糠平国道の碑ここをいつか見に行こうと思っていたけどトンネルにはさまれた部分だから、行きも帰りも忘れてしまい、そこに差しかかった時に思い出すので止まるに止まれない。。。
そういうわけで、ここを『ついでに寄る場所』ではなく、『始めに寄る場所』にしないといけない。

ちょうどトンネルのよう壁の修理をしていたので現地は、通行車両も徐行という状況。
いつもはうっとおしい工事現場もことによっては助かるものです。
『糠平国道』の碑の近くに駐車。
意気込んで橋まで行き、橋の下を覗き込んでみる。

橋の上から第5糠平トンネル

『へーっ』カエル

跨線橋図橋の台座のすぐ脇に塞がれた国鉄士幌線の第5糠平トンネルが見えた。
その向きからすると橋と垂直に交わっていたわけではなく、鋭角に ほとんど平行に近いくらいの形に交わっていたようだ。
橋の対角線上の反対側に第4糠平トンネルが見えた。
自分が見た跨線橋のイメージは全て垂直に交わっていたけど、それは先入観だったようです。

下へ降りてみると橋の下のほとんど短い区間で陽の下にほとんどさらされることなく交わっていたようです。
途中には砂防堤から来る小川を越える橋もあったようです。
たぶん国鉄の車窓からは一瞬だけ明るい場所だったんだろうねぇ。。。

橋の下に覗く第5

たまに人が訪れる人がいるらしくたくさんのエゾシカの足跡にまじって靴跡も目に入った。

第5 正面から

トンネルの間に跨る小さな橋の跡頭の上をゴーゴー車が走り抜ける音がする。
かつては橋の下のほうが激しい音がしたのだろうけど跨線橋は突っ張ったまま。
境に背を伸ばしてがんばっていた橋も本来の存在意義とは違うものになってしまったけれども今も交通の片鱗のために働いているのは変わりない。
だから旧国鉄士幌線の現役遺構には変わりないと思います。

橋の脇から糠平第4トンネル

※この区間はトンネルが連続し、通行車両も少なくはありません。
そのため無用心に道を横断するのは危険です。
このときは、龍門トンネル内の破損壁の修復のため一時徐行規制があり、保安員の方の『車が来たら教えてあげるよ』の言葉に甘えさせていただきました。
湖側は真下が第5糠平トンネルで、高さもあるので、危険です。見るときは反対側から降りてください。
負ったリスクは自分だけの責任というわけにもならないので良識ある行動をお願いします。

コメント

プロフィール

ねこん

こんにちは 『ねこん』です。
『時の忘れ形見』を探してあちこちドライブしています。どうぞよろしく。

上士幌は心の埋蔵遺産がたくさんあります。
「幻の橋」や地球創生を思わせる温泉など…
ここでは、町のシンボルでもある『タウシュベツ橋梁』だけではなく、上士幌町のちょっとしたことを見つめていきます。 

忘れ形見紀行 ルイン・ドロップ

このブログの読者