≪最初 <とよおかの道 |TOP| 地上の秋> 最新≫

秋咲くヒマワリ

テーマ:日々のできごと

ひまわり

 秋だというのにヒマワリが咲き誇る季節です。
夏の代表的な花なのですが、実は夏の花というものでもないそうです。

この一面のヒマワリ畑 
な種みたいに油を取るために植えた作物なのかと思っていましたが
実は緑肥作物といって、ある程度育つとヒマワリごとバリバリと耕して畑にすき込むために栽培しているそうです。

ようするに畑の堆肥をその畑で作っているみたいな。。。
なんだか解せないなぁ。
そもそもヒマワリは「肥料をずいぶん使う」と聞いたことがあったから。 

画像には出てきませんが、すでに左の方からトラクターが
バリバリと粉砕していました。
あちこちに見られたこの風景も
今年は終わりのようです。

来年は、この畑で別な作物が豊穣の秋を迎えることでしょう。
ヒマワリの花言葉は「あこがれ・熱愛・情熱・輝き…」 

どうか輝く良き年が迎えられますように(早いよ) 

コメント

プロフィール

ねこん

こんにちは 『ねこん』です。
『時の忘れ形見』を探してあちこちドライブしています。どうぞよろしく。

上士幌は心の埋蔵遺産がたくさんあります。
「幻の橋」や地球創生を思わせる温泉など…
ここでは、町のシンボルでもある『タウシュベツ橋梁』だけではなく、上士幌町のちょっとしたことを見つめていきます。 

忘れ形見紀行 ルイン・ドロップ

このブログの読者