≪最初 < |TOP| さんぽ道の恐怖> 最新≫

ぎーんなん

テーマ:日々のできごと
ギンナン
 
気が付くと銀杏の木にギンナンが 実っていた。
銀杏は街路樹によく植えられていますが、実を付けているのをほとんど見ない。
 
なぜかというと
イチョウの木には雄と雌があるそうで(ハッキリ見分けはつかないらしい)
実は雌の木にしかならないそうです。
 
私が、木に実ったギンナンの実を見るのは初めてかもしれない 。
 
この実や葉が黄色く色づいて
実がポタポタ落ちてくるようになると
ギンナン拾いの人がニュースの話題で聞かれるようになる。
 
夏が長かったせいか
秋の気配が加速気味なこのころです。
 
ギンナンは香りも強いですが
殻も固いので調理が面倒なそうです。
どうやって剝くのかなと思ったら専用の道具もあるそうです。
 
面倒な人は厚めの茶封筒に入れて口を2~3回折り曲げて留めて
電子レンジで60~90秒加熱すると
ポップコーンみたいにパンパン鳴って殻が割れるそうです。
その際、入れた数を覚えておくと弾けた数がわかるのだそうで
拾う機会があったらやってみようと思います。 

コメント

プロフィール

ねこん

こんにちは 『ねこん』です。
『時の忘れ形見』を探してあちこちドライブしています。どうぞよろしく。

上士幌は心の埋蔵遺産がたくさんあります。
「幻の橋」や地球創生を思わせる温泉など…
ここでは、町のシンボルでもある『タウシュベツ橋梁』だけではなく、上士幌町のちょっとしたことを見つめていきます。 

忘れ形見紀行 ルイン・ドロップ

このブログの読者