≪最初 <秋のまなびや |TOP| みのりの季節> 最新≫

光あれ

テーマ:たわわの戯言
光あれ
 
雲間から日射し
もう少し光の筋がハッキリしているのを
「天使のはしご」と言うらしいよ
 
雲ひとつない青空は気持ちいいけれど
雲があるから光が映える
夜があるから星がきらめく
闇があるから光がありがたい
 
雲ひとつない青空に
いつのまにかアザラシみたいな雲が
気持ちよさそうにポッカリ漂う
 
空がどんどん高くなってきますね
やがてその空に緑色を吸い取られるように
森の色も赤く色づいていく 

コメント

プロフィール

ねこん

こんにちは 『ねこん』です。
『時の忘れ形見』を探してあちこちドライブしています。どうぞよろしく。

上士幌は心の埋蔵遺産がたくさんあります。
「幻の橋」や地球創生を思わせる温泉など…
ここでは、町のシンボルでもある『タウシュベツ橋梁』だけではなく、上士幌町のちょっとしたことを見つめていきます。 

忘れ形見紀行 ルイン・ドロップ

このブログの読者