1  |  2    次>    

イラカ

テーマ:ブログ

こいのぼり 

こいのぼり泳ぐ季節
「こいのぼり」 は、正式に 『鯉幟』 と書くらしいけど 「ふきながし」 な感じがする。
近頃は魚の形ではなくホントの『のぼり』みたいなのも上がっているのを見かける。
風の強い日は、あのほうが安心なんだけどね。
ウチの庭にもどこからか『こいのぼり』が落ちてきた事がある。


『こいのぼり』というと頭に浮かぶのは次のふたつの歌。

やねよりたかい こいのぼり
大きいまごいは お父さん
小さいひごいは こどもたち
おもしろそうに 泳いでる



甍(いらか)の波と 雲の波
重なる波の 中空(なかぞら)を
橘(たちばな)かおる 朝風に
高く泳ぐや 鯉のぼり


どちらの歌も 『こいのぼり』 で良いのだろうか?
調べると、ちょっと曖昧だったので。。。

『甍(いらか)』 というのも難しい字で、瓦屋根のことらしく、それを雲と同様に波と例えている。
景色のそういうとらえ方は、とても誌的だ。

『こいのぼり』の由来
こいのぼり(鯉幟)とは元来、日本の風習で、江戸時代に武家で始まった、端午の節句である。
旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世を願って家庭の庭先で飾られた紙・布・不織布などに鯉の絵柄を描き、風をはらませてなびかせる吹流しを鯉の形に模して作ったのぼり。
皐幟(さつきのぼり)とも言う。
現在はグレゴリオ暦(新暦)5月5日まで飾られ、夏の季語として用いられる。
飾られる季節も変わり、イメージは「晩春の晴天の日の青空にたなびくもの」となった。


やっぱり 『ふきながし』 なんだ。
しかして 『こいふきながし』 じゃ語感悪いしね。。。

ちなみに女子の 『雛人形』 は、しまい遅れると、嫁に行くのも遅れるとかいう話を聞いたことがあるけど、男子も『こいのぼり』 をしまい遅れたら婚期逃すとか、そういう話はないのだろうか。

そういえば、昔、岡本太郎デザインの 『こいのぼり』 があったんだそうだ。
見てみたいな。。。

乗ってみたい

テーマ:たわわの戯言
牛ベンチ


通勤道の途中にあるFRP(繊維強化プラスチック)の工房。
牛のベンチが展示してある。
欲しいな~これ。高いんだろうな。。。

上士幌町郊外の『しんむら牧場』前にも同じのがあったっけ。
あそこで飲んだ「そばチャイ」が美味しかった。
昨年は諸事情で営業が短かったけど、今年は行ってきたい。

今日は、久しぶりに自転車に乗った。
あまりにも久しぶりだったので、自転車に乗るとこんなに視界が変るものなんだと感動した。
そんでもって、いつもは素通りするしかない牛も撮ってこれた。

しかしまぁ
風もあったから「立ちこぎ」なんかして脚が笑ってる。
歩くのと自転車に乗るのとでは使う筋肉が違うんだよ。

地でジカ

テーマ:日々のできごと

シカ畑 

 

夕暮れ時の道を走っていたら
雪が解けたばかりの道沿いの畑で
せわしなく農作業している人がいた。


。。。と、思ったらエゾシカだった。

『地デジ化』は頓挫しているようですが、「地でシカ」は動きまわっている。
エゾシカは冬眠するわけじゃないけど、こうして家の近くに現れると春の感じがする。

時折、路肩に立ってたり
夜道をいきなり横切ってきたりするから草食といえども恐ろしい。

『ぬかびら源泉峡』へ向かう途中のトンネルの入口付近に
エゾシカ団体がいて驚いたこともあった。

知人でシカとぶつかって車を廃車にした人が3人いるから
郊外で走りやすいとはいえ、街が近い所とはいえ
北海道の道は気をつけないとならないよ。


ときどき雲と話をしよう

テーマ:たわわの戯言
雲が変わってきた


小さい頃は
首が痛くなるほど 口の中が渇くほど 
そのまま空へ吸い込まれるかと思えてくるほど見上げてた空

あたり前のように
鮮やかなブルーなのに つかみどころのない空でぽっかり浮かぶ雲
どこへ行くのか風任せ

なんて自由なんだろうと思ってた

季節が春めくと
冬の間は和紙の切り抜きみたいだった雲も
モコモコと立体的になって存在感が出てくる

地表に こうしていると雲は空の一部みたいに思うけど
航空機の中や高い山から見降ろすと
地上と付かず離れずの存在だ

日本一 また世界一高いというような人工の塔の上も
さもあらんかというように泳いでいく

今日初めて会って 二度と会うことのない雲
雲はそういうものなのだな

なんだか仙人みたいだ

季節の失敗

テーマ:ブログ

春の病 

とにかく

隠しておけば丸く収まるだろうということで

冬が必死に隠していたものが露見

その始末を春がするのか…

というと、そうでもなく

春は春で必死に隠そうとする。

黙っていても何もなくならない

 

大自然にも補いきれない現実 

1  |  2    次>    

プロフィール

ねこん

こんにちは 『ねこん』です。
『時の忘れ形見』を探してあちこちドライブしています。どうぞよろしく。

上士幌は心の埋蔵遺産がたくさんあります。
「幻の橋」や地球創生を思わせる温泉など…
ここでは、町のシンボルでもある『タウシュベツ橋梁』だけではなく、上士幌町のちょっとしたことを見つめていきます。 

忘れ形見紀行 ルイン・ドロップ

このブログの読者