寒空のピエタ

テーマ:日々のできごと

 

pieta

みなさま おはようございます
すっかり寒くなった北海道。上士幌待ちも一段と寒いことでしょう。

寒いながらも、もうすぐ糠平湖ではワカサギ釣りのシーズン。
それを横目にスノーシューでエホエホ歩いて行く日が待ちどうしいです。
思えば去年の元旦の早朝からスポーツショップ前に並んで高額割引券をGETしてスノーシューを手に入れたんだ。

今年の雪解け後に湖畔沿いにタウシュベツ橋梁へ行けないかとチャレンジしたけど、山間に出来た糠平湖はグネグネしていて、すぐそこに見える橋梁は遥か遠い。。。
それに大きな石のゴロゴロする湖畔は歩くにはしんどい。

まぁ、それはそれで。
昨日の帯広は最高気温がプラスの5℃。だのに今日はマイナスに逆転。
昨日はビシャビシャな路面も今朝はキラリン。。。

北海道は、春夏より秋冬の方がイベントが多いので
安全運転にこしたことはありません。
それでも糠平へ向かう途中、清水谷のあたりは夏以上のスピードで追い越していく車もいるんです。

時間はゆとりを持って冬景色を楽しんだ旅をしましょう。
わき見もなんだけどね。

いとしい水

テーマ:日々のできごと
グルグル
冷えた体を湯船に身を沈めてジッとする
天井の換気扇が 水面に映りこむくらいになるまでジッと
新しいお湯が 炭酸みたいに泡粒をだして 気泡が体にまとわり付いてくる
寒い日のお風呂は 疲れが溶け出すというよりも
体に栄養が染みこんでくるように感じるね
不意に水面に かすかな波紋がでる
家の前の道を大きな車が通ったらしい
音は聞こえてこなくても 
道の下の水道管が 振動をここまで伝えてくるらしい
風に波立つ ぬかびら湖の水は 風に何か吹き込まれるのだろうか
そうでなければ これほど風になにかを感じることなどない
険しい山を交わし 大地を巡ってやってくる水は
その道のりにおいて何を思うのだろう
何もなしのままこのコップに収まりはしない
そうして そうして
私は水から何かを得ている
科学的には解明されてる水
だけど水 されど水
そっと触れた水から 季節の予感が伝わることもあるから

プロフィール

ねこん

こんにちは 『ねこん』です。
『時の忘れ形見』を探してあちこちドライブしています。どうぞよろしく。

上士幌は心の埋蔵遺産がたくさんあります。
「幻の橋」や地球創生を思わせる温泉など…
ここでは、町のシンボルでもある『タウシュベツ橋梁』だけではなく、上士幌町のちょっとしたことを見つめていきます。 

忘れ形見紀行 ルイン・ドロップ

このブログの読者