1  |  2  |  3  |  4    次>    

動かないようで動くもの

テーマ:ブログ

横断中

こんな風に道を渡って行くんだよ。 自然は。。。

クマの恐怖

テーマ:ブログ
恐ろしいクマ 

北海道のクマは、こんな風に木の上にいて、人が通るとボタボタ落ちてきます。 まさかぁ。。。カエル
 

ねこんのいる町では、クマの出没情報が連日出ています。
ねこんがチョロチョロしてクマに誤認されてるわけではないのですが、写真を撮りに行った学校跡の辺にもずいぶん出ているようです。

情報のほとんどは足跡発見だけのものですが、親子のクマを目撃したとかも時折聞かれます。
その影響で、付近のキャンプ場が今年は閉鎖になったり、付近が会場のイベントが中止になったりしています。

クマも怖いですが、猟友会もパトロールしているので、ウロウロできませんね。
恐ろしい 恐ろしい。。。カエル

でもホントに恐ろしいのは人間。

クマカン

落としてどうする。。。

キャベツの日

テーマ:日々のできごと
キャベツ 

キャベツの葉があんな風に丸いのは品種改良の結果なんだそうだ。
だからキャベツの原種は葉を巻かない。
改良と言っても 『この葉を丸まるようにしてサッカーボールみたいな野菜を作るぞー!』と思ってやってはいないと思う。
それにしてもあんなに固く巻いてたら中が蒸れそうな気がするけど不思議とそれはないようだ。

この特性を利用して他の野菜も丸くしたら面白いかもしれない。
水菜は野球ボールの中身みたいになりそうだ。
するとミツバはゴルフボールかな???
そうなってくるとレタスとリーフレタスが区別しずらくなるかもしれない。
ミカンとスイカを合成して『切れてるスイカ』ってのはどうだろう。
そうなんでもうまくいくとは思わないけどね。カエル

品種改良とは少し異なるけど茄子の苗は、高いのになると「接ぎ木」というのをしてあるそうです。
ある程度成長すると根元から切って、他の品種の根株と接合するそうだ。
すると元の根の弱点をカバーすることができて、丈夫な株ができるのだとか。。。

地表から上はトマトで下はジャガイモというのを本で見たことがある。
そういうことが植物では可能なんですね。
なんでもつなげるものではないだろうけど。。。

トマトの脇芽を取り忘れると、そこも普通に大きく育つ。
その脇芽を切って水に刺しておくと発根する。
それを植えるとまたトマトができるようになる。

人間もそうならないかな?
気持ち悪いって。。。

それでも野菜の美味しい季節です。
冬の間は贅沢品だったキャベツも嫌というほど食べられる。
朝は、簡単にバターしょうゆ炒めにすると、みんな食べてくれる。
生だったら千切りでソースかけたのが美味しいなぁ。。。
浅漬けなんかもいいしね。
キャベツを切るザクザクという音は、ウチでは夏の食卓の音。

生きるために必要なものは、全て足の下にある。
野菜は、そこから栄養を掘り出す鉱夫であり、精錬所みたいなんだ。

だから…残すんじゃないよ、それ。。。カエル

朝の宝石

テーマ:日々のできごと
朝のクモの巣 

こんな風に
クモの巣に朝露が付いていると
その日は晴れるのだそうだ。

そうなのかなーって思ってクモの巣ができる季節に
毎日観察する。
確かにそうなんだ。晴れるんだ。

昔の人の経験によるものなんだろうけど
こういうときは、大抵霧の朝。 霧の朝も日中は晴れることが多い
そのくらい小さな水の粒がクモの巣に絡め取られやすいのからかもしれない。

小さな水の粒がにいっぱい並んでる。
水晶の数珠みたいだね。
クモの巣って何だかいやらしいけど
こういうときはまるで違って見える。

絵に描いたような空

テーマ:ブログ
絵に描いたような空

『絵に描いたような空』 という言葉がある。
こんな日の空は、ホントに絵に描いたみたいで…
と、いうよりも空が“絵”みたいなのか
空の自由さを描くと緻密で計算高い眺めではなく
ただひたすらに自由に満ちているみたいだからなのか

ジッと見上げていると
あの蒼に吸い込まれるみたいな気がしてくる。

この雲 昨日ではない雲
同じ雲には二度と会うことはできない。
その蒼も一度として同じ深みではない

1  |  2  |  3  |  4    次>    

プロフィール

ねこん

こんにちは 『ねこん』です。
『時の忘れ形見』を探してあちこちドライブしています。どうぞよろしく。

上士幌は心の埋蔵遺産がたくさんあります。
「幻の橋」や地球創生を思わせる温泉など…
ここでは、町のシンボルでもある『タウシュベツ橋梁』だけではなく、上士幌町のちょっとしたことを見つめていきます。 

忘れ形見紀行 ルイン・ドロップ

このブログの読者