1  |  2  |  3  |  4    次>    

清水谷のアバ

テーマ:ブログ

くしゃみ岩

アバと言っても「ダンシング・クイーン」のABBAのことではありません。
ここは上士幌町清水谷地区の音更川縁へ降りた場所にある「オタオロシタプコプチャシ跡」。
一度読んでも記憶しにくそうな名前。「砂浜にある盛り上がった小山」の意味だという。

国土交通省空撮で見た清水谷(昭和56年頃)

上流の元小屋ダムのほうから渓谷を縫って流れてきた音更川は、これから平坦な十勝平野へ抜けようというところで、グンニャリと曲がっていて国土交通省の空撮写真でもそれらしい場所がわかります。
きっかけは、上士幌広報に「上士幌町地域の宝さがしの会」が気球を使って現地を空から調査したとの記事を見て興味がありました。
チャシ跡(アイヌの砦や見張り場と解釈されるが諸説あり)としては以前から史跡として町の資料にも出てくる。
実際現地へ行ってみると川沿いは切り立った崖になっていたので、かなり回り込んでようやく到達。周囲が円形状に切り込まれた崖や山々に囲まれて、その中にポツーンと異形の岩山が立っている不思議な空間。
近くの高台にここに関する指標が立っていて、このチャシは、宗教的儀式に使われた場と考えられていて確かにそんな雰囲気です。

立て看板

この岩山は「クシャミ岩」とも呼ばれていて、言い伝えが残っている。

戦いで傷を負った戦士の一段が音更川上流地域へ温泉で傷を癒すため歩を進めていたところ、この岩のところまで来たとき暗がりから矢が飛んできて岩山に突き刺さった。
「まずい!追っ手だ!静かに岩山に隠れろ!」
確かに矢を放ったのは追っ手であったが、彼らを発見して矢を射ったわけではなかったようだ。
息を殺して追っ手がやり過ごすのを待っていたところ運悪く仲間が、つい大きなクシャミをしてしまい、無残にも全滅させられてしまった。。。

神聖な雰囲気の場所に血なまぐさい言い伝えもあるものですが、アイヌ伝説には尾ひれの付かず、血なまぐさい言い伝えも多いものです。
このアイヌの聖域が後の時代、まだ音更川上流に国鉄士幌線もアーチ橋梁もない時代に伐採された原木を下流域運ぶために音更川を使い流送した。

1892年(明治25年)十勝監獄の糠平上流伐採により上士幌の林業が始まりました。その頃から流送が行われていましたが無計画に川へ投げ込んでも思惑通りにには流れていかないので、川に堤を設け、川水を一時的に堰きとめて一気に堤を開けて流す。
いわゆる「鉄砲流し」と言われた流送法もとられたと流送に関する資料にあります。
その場所が網場(羽)。「アバ」と呼ばれ、音更川には何箇所かそういう堤が設けられており、ここオタオロシタプコプチャシ跡もまた「アバ」であったそうです。
岩山の頂には水天宮が祀られて多くの人が流送作業に従事していて糠平ダムが完成する以前の音更川は急流で、それを使った流送作業は当然のことでしたが、後年始まった士幌線の敷設でアバは上流へと移動していき、やがて鉄路にその座を譲ることになっていきました。
かつて轟音と共に原木が流れていくさまは凄まじいものだったようですが、今では当時の様子が想像できないほど流れは静かになり、静寂に包まれた神秘的な場所です。

岩肌

※「流送」は主に針葉樹に限られたそうで広葉樹は流送すると製品にならなかったそうです。
※流域は、ダムの放流などにより増水もありえるのでサイレンなどの保安設備はあるものの状況により注意が必要です。

「木材」と「会いたい」

テーマ:ブログ
ブランド木材

珍しい看板を見つけた。
何度も前を歩いていたけど、気づいたのは初めて。
旧国鉄士幌線の終着駅「とかちみつまた」

森林資源として音更川流送の時代から士幌線での輸送を経て、森林資源はどんどん運び出された。
昔、十勝三股で暮らした人が再び訪れたとき、伐採によるあまりの変わりように驚いたのだという。
こんな看板があるくらいだから、上士幌の森林資源は優れたものだったのだろう。
大人が10人くらい余裕で立っている切り株の写真をどこかで見た覚えがある。

しかし、それほどの大木を見ることは、現在ではよほど山奥へ行かない限り、ほとんどなくなりました。ねこんも見たことはありません。
当たり前にあるものは、それが人為的であろうとなかろうと近い将来にはなくなってしまうかもしれない危機をはらんでいるものなのですね。

橋も然り 人も然り
いつでも いつまでも会える 会い続けられるわけではない。
会いたい人(モノ)があるならば、「いつでも会える」とか言ってないで
会っておくようにしておかなければいけないね。

うずたかく積み上げられた雪山のように
見飽きたものが、少しづつやせ細ってやがて空へと還っていく。。。

そして、あれほどわずらわしがっていた雪を懐かしむ。
人とはそういうものです。

それはそれでいいじゃないかと思う。

ぬくぬくの空

テーマ:たわわの戯言
シグナル 風に踊る

昨日といい 今日といい 暖かいね

なんたって最高気温5℃なんだってさ

もう Tシャツで歩けるよ  

無理無理!

でもさ コート着て歩くなんて とてもマネできないくらいのポカポカ陽気だよ

0℃とか5℃で「あったかいね~っ」って言ってるの北海道民くらいだと思う

うん 言えてる! 
でも向かいのお爺ちゃん ランニング姿で氷割りしてたよ

さすがにそれはできないなぁ。。。紫外線強いし

このまま春になるかな。。。

うーん。。。あと2回くらい冬が「大蔵出しセール」するかもよ
毎年 そんな日があるからさ。。。

衣替えの用意しないとね~っ
毎年言うだけだけど。。。

でも一着しかないのさ 猫だから

20世紀正念

テーマ:たわわの戯言
1960年製

老舗の金物屋さんの店先

古いことは時として付加価値になるものです。
50年前。。。ホントかなぁ。。。
そんなに棚卸ししてなかったのかなぁ。

帯広競馬場前の道を少し南へ行くと「昭和ナツカシ館」という私設博物館があります。
昔、帯広駅近くで喫茶を経営していたそうで、旅の若者に倉庫の狭間に大きな仮設テントを開放した「カニの家」として親しまれたそうだ。
どうして「カニ」なんだろ???

その喫茶のマスターが当時からアンティークが趣味だったそうで、現在はコレクションを週替わりで入れ替えながら週末に開館しています。
驚くのは、展示のラジオにしても テレビにしても パチンコ台にしても
全て現役で稼動するということです。

そこで、すごく珍しいガラス器を見たことがある。
「ウランガラス」と言うそうで緑色のビー玉みたいな色だけど、紫外線ランプを当てると妖しく発光していた。
「ウラン」というくらいだから、それでお酒を飲む気にはちょっとならない。。。

「昭和ナツカシ館」

たしか入場料300円(キャラメル付)だったと思う。

第三橋梁からの返事

テーマ:ブログ
上から

数日前、竹中町長とひがし大雪アーチ橋友の会会長の連名で手紙がきました。

先の「第三音更川橋梁保全および活用事業」支援事業基金に関するお礼がしたためられています。
うーん。。。額にでも入れとこうかな。カエル

町長と友の会からのお返事

ちなみに一部修正してあります。

1  |  2  |  3  |  4    次>    

プロフィール

ねこん

こんにちは 『ねこん』です。
『時の忘れ形見』を探してあちこちドライブしています。どうぞよろしく。

上士幌は心の埋蔵遺産がたくさんあります。
「幻の橋」や地球創生を思わせる温泉など…
ここでは、町のシンボルでもある『タウシュベツ橋梁』だけではなく、上士幌町のちょっとしたことを見つめていきます。 

忘れ形見紀行 ルイン・ドロップ

このブログの読者