まったり学生してました。
≪最初 <本日はとても良い… |TOP| なでしこジャパン…> 最新≫

ハリーポッタースタジオ ロンドン

テーマ:ブログ

こんにちわ!

こちらは晴れたり雨が降ったりと相変わらず落ち着かない天気が続いています。

実は先日、こちらロンドンに新しく出来たハリーポッタースタジオへ行ってきました〜!!
渡英前からあらかじめ予約しておいて、チケットを友人宅に届くように手配しておきました!
こちらの郵送サービスはUK内のみですが、現地でのチケット受け取りも可能です。
日本の取り扱ってるサイトで見ると、手数料がかかるのかすごく高いチケットになってますね〜!
もしどなたか行かれる方がいらっしゃいましたらそんな高い手数料払わなくても大丈夫です!!
あらかじめ予約は必要ですが、結構簡単にできますので、ネットで予約してみて下さい。

わからない場合はご一報いただければお力になれるかもしれません。

エージェントを通さなくてもできると思います。
節約した分、お土産代に回せると思います!
ちなみに、私が購入したチケットは入場料とガイドブック、
そして日本語で解説してくれるデジタルガイドの3点セット£37.95(現在レートで5000円程度)です。

なお、これから先は写真などでメイキングスタジオ内部や展示品などをアップするので
楽しみにしておきたい方や、

本当に魔法を信じているお子様との閲覧はご配慮下さい。

もし私がまだ幼稚園くらいの年齢で

魔法は本当に存在して、ホグワーツからの入学レターが届くのを待っていて
屋敷妖精はイギリスに居て、などと信じていたら
これからお見せする写真はちょっとショックかな〜〜!と思います。



でわ、これから少しだけスタジオ内を紹介します!!

まずは一番近くの駅から出てるハリーポッターシャトルバス(有料)から!

往復2ポンド(300円程度)

このバスは最寄り駅から20分間隔程度で出ています。

15分程度バスに揺られて到着しました〜!

ど〜ん!


エントランスを入るとこのような感じで大きなパネルがお出迎えしてくれます♩

入場して右手には・・・!見覚えのあるウィーズリー家の車!



デジタルガイドはこちら!中にある引換所でチケットと引き換えて借りれます。
また、大きめな荷物やコートがあってもクロークがあるので、大丈夫です。

 

入場前に簡単な説明があり、扉を開けると!

ホグワーツ学校の食堂になっております〜!

 

こちら、ハリーとロンのベッドです。 

 

こちら・・・!!校長室へ入るときに回転しながら階段が出てきますよね。 

 

クィブラー !!ルーナちゃん可愛いですよね。

 

日刊予言者新聞です。 

グリンゴッツ銀行内部へ行くときに乗ってましたね! 

ナイトバスです!!3階建て!! 

トムリドルのお墓ですね 

こちら覚えていますか?ナギニが老婆(バチルダ)に変身してハリーとハーマイオニーが

撃退した場所です。 

 

これ本物だったんですね。 

 

最初に紙で精密に模型を作るそうです。果てしない作業ですね〜!!

 

 

 

そしてこちらが!!!ダイアゴン横丁〜!!奥に見えるのが

双子のフレッドとジョージのお店、悪戯専門店「ウィズリーウィザードウィーズ」です。

 

じゃ〜ん!!こちら!!ホグワーツです!!何と実在していたんですね!!!びっくり。

 

 

オリバンダーの杖店

 

中にはショップもありまして、グッズなどもたくさん売っています!

コスチュームから杖も売ってます。

ニンバス2000などの箒も売られてましたよ〜!

 映画の中で見たようなお菓子もありましたよ!

最初に簡単に見てから最後にお買い物したら良いかと思います!

なので、チケットを予約するこつとしましては、

13時頃を最終入場時間にしたら良いかなと思います。

といいますのも!! 

 入場時間には制限がありますが、退場時間には制限がありませんので、

 なるべく長く滞在したい方や、休憩を挟みながらの見学をしたい方は

午前中か遅くても1時までの入場をおすすめします。

外にも展示がされてますし

明るいうちの方が良いのも利点の一つですね〜!

ちなみに、私は14時からの入場で、13時頃には現地に到着していたのですが

帰路についたのは19時頃でした!

 随分長い間滞在してたようですが、じっくり見てたのであっという間でした。

  日本のユニバーサルスタジオにハリーポッターが登場するみたいですね!

完成したら、ぜひ行ってみたいですね! 

11

コメント

プロフィール

マリコ

potberry

片道チケットの行き先はロンドンです。
1年の限定で親や友人への手紙がわりにブログします。

このブログの読者

最近のコメント

最近のトラックバック

フリースペース