最高気温37.6℃

テーマ:いわゆる日常
4日連続の猛暑日(最高気温35℃以上)です

今日の最高気温は,近所のアメダス観測点(豊中)で

  37.6℃ (15:00)


もう,とろけそうです

4回,水風呂に入りました。




丹波,京都や奈良ではものすごい雷雨(夕立)でしたが,
当地では,雨の一滴も降りませんでした。

陽性な梅雨でした

テーマ:いわゆる日常
引っ越してきたこの街には,市内各所に雨量計が設置されており
詳細なデータをインターネットで見ることができます

今年の梅雨期間中(6/13~7/17)の雨量は,,,

6/13 30.5mm
6/15 37.5mm
6/16 52.5mm
6/18 49.0mm
6/22 10.0mm
6/23 29.5mm
6/25  5.5mm
6/26 63.5mm
6/27 20.0mm
6/29  6.5mm
7/ 2  3.0mm
7/ 3 63.5mm
7/ 9  9.0mm
7/11  4.5mm
7/12 11.0mm
7/13 20.5mm
7/14 56.5mm
7/15 29.5mm

累計 502mmです
  平年値は約250mmですから,ものすごく多くの雨が降った,,,

最大降水量(1時間あたり)は
6/16 00時~01時 29.0mmでした
10分間当たりでは13mm(このまま1時間降れば78mm)の豪雨。

今年の梅雨は陽性のようだったようです


幸いなことに,街区周辺には大きな被害はないものの(側溝があふれたくらい)
山間地では土砂崩れもあったようです



成田山新勝寺で年に1回のお神籤

テーマ:旅日記
毎年恒例となっております,成田山新勝寺でのお神籤。
今年は「後厄」ですので,しめくくり。

いつものように,大阪伊丹空港からJL3002便にて一路成田空港へ,雲の上フライト(涙

 天候が悪く,地上の景色は見えません

この便の機材は,そのままパリ行きとなる国際線機材。
そのためクラスJは,ファーストクラスとビジネスクラスの座席です。
今回は,ビジネスクラスの最前列をゲット,窓3つ分が一人のSpaceです。

サービスは国内線クラスJと同じですが,
そのまま国際線に充当されるので,珈琲がインスタントではなくレギュラーコーヒー。
朝の眠った頭に,2杯のコーヒーが吸い取られていきました。

成田空港到着後,すぐにJR成田空港第二ビル駅へ,2分の連絡で快速電車に駆け込み乗車
(都心行きの成田エクスプレス=特急は1時間2本,しかし快速は1時間1本しかない)
ICOCAでピッと改札を抜ける。

午前10時少し過ぎ,門前はまだ人が少ないが,
山車は町内から引き出され,徐々に成田山の山門へと集結しはじめている。
千葉・成田山新勝寺

成田山の山門前はかなり急な上り坂,
千葉・成田山新勝寺


さて,本日は偶然にも,成田屋十一代目市川海老蔵の結婚奉告参拝の日
千葉・成田山新勝寺

境内では報道陣がリハーサル中
千葉・成田山新勝寺
(女子アナが持つたすきには「婚活はじめるぞ,必勝結婚祈願」とありました)

混雑する前に,特別公開されている「奥の院」で,ご本尊の大日如来像を拝謁する
千葉・成田山新勝寺
Non-むだい-Title


そして,お神籤を,,,, 


じゃらじゃらじゃら,,,

出てきた1本の棒には36番とのお告げ
千葉・成田山新勝寺

初めは損をしても,後になって必ず利益がある
月食のとき,月の欠けていた部分が次第に満月に戻るようなものだ
再び満月に戻れば,家内に明るい光が差し込み,隅々まで光に照らされる

後厄としては最高のお告げですね。
厄はもう終わる,もとの最高の状態へ戻る。そして光に満ちあふれる。


と言うことで,厄払いは3年連続なし(する必要がないと勝手に解釈),
 ありがたく,お神籤を鞄にしまいました


さて境内では,行列を迎える準備ができました。
千葉・成田山新勝寺

お祭り関係者と報道陣のすぐ後の一等席だったのですが,,,
残念ならが,旦那さんはTV局のマイクにピッタリと被りました,,,
千葉・成田山新勝寺



最近の記事一覧

カレンダー

<<      2010年07月      >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
50位 / 705人中 up
ジャンルランキング
18位 / 144人中 down
日記
地域ランキング
6位 / 27人中 down
近畿

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

阿桜酒造・自然の恵みに乾杯

むらさん

自由業的専門職(?)です。絵はがき的風景写真&料理写真が趣味(もちろんその後でおいしく頂きます!)。

自由気ままな、空と海と川の旅人、ふらっと日帰りで、たまには宿泊を伴う旅行も。おいしい食べ物、お酒、美しい景色、そして落ち着く場所があれば、北へ南へ、どこまでも。

そんなこんなの、何気ない毎日の備忘録を綴っていきたいと思います。どうぞ,よろしくお願いします。

ツイッター(Twitter)はじめました たまにつぶやいています

性別
男性
都道府県
兵庫県

このブログの読者

読者になる
読者数:1人