1  |  2    次>    

程一彦氏の新台湾料理

テーマ:美味いもの
本日は,程一彦氏の新台湾料理のお店「リュータン」さんへ。
(その昔,「料理の鉄人」という番組で,初めて中華の鉄人・陳さんを倒した方です)

小さなお店ですので,いつもは予約満席,行列必死ですが,,,

本日は,空いております。


事前のリサーチで,家庭料理が特に美味しいと言うことでしたので


まず,エビのてんぷらとヱビスビールで乾杯。

続いて,蒸し鶏,そしてエビ蒸し餃子(点心)
大阪梅田・新台湾料理リュータン・程一彦氏
エビのすり身にはたっぷりの海鮮スープが染みこんでおり
つやつやぷるぷるの皮と見事にマッチ


ここで甕出し老酒に移行して,,
彩り野菜の炒め物
大阪梅田・新台湾料理リュータン・程一彦氏
なんと,お野菜が22種類も入っております。
野菜毎に火の通し方が違っており,それぞれのお野菜がベストな状態で。
絡んでいる白湯スープはすこし濃いめに味付けされ,老酒とのマリアージュは最高


鶏の唐揚げ,照り焼き風ソース和え,
そして,シメは,焼きビーフン。
大阪梅田・新台湾料理リュータン・程一彦氏
台湾出身の程さんの家庭料理でしょうね,これは。
コシのあるビーフン,しかしたっぷりのスープが染みこんでおり,
これは,ビールが幸せだなぁ,という一品です。


残念ながら,二人のお腹はこれで一杯。
かの有名な「鉄人チャーハン」までたどり着けませんでした。


老酒のボトルをキープしてきましたので,
また,訪店したいと思います。




程さんの店 「新台湾料理 龍潭」(りゅうたん)
阪急梅田駅高架下かっぱ横町西側道路沿い北西詰め
大阪市北区芝田1-11-7  TEL 06-6375-0010
11時30分~15時00分,17時30分~23時00分 月曜日休み


インフル嵐が吹き荒れる街

テーマ:いわゆる日常
インフル嵐が吹き荒れる街,
いつもは満員の通勤電車はがらがら,
乗客同士が向かい合わせにならない有料特急は満席。
Non-むだい-Title

いつもは行列ができるバス乗り場はガラガラ,
そして,バスの乗客もわずか。
Non-むだい-Title

夜の街はゴーストタウンです。

札幌滞在 3日目

テーマ:旅日記
札幌滞在3日目は,余市・小樽方面です。

まずは,ニッカウヰスキーの余市工場へ。
余市・ニッカウヰスキー余市工場

お目当ては,蔵出し原酒の購入と,試飲。
へへ,鶴の17年と,シングルモルト余市10年です。
余市・ニッカウヰスキー余市工場
じっくりと味わっております。

十分に楽しんだ後は,2両編成のディーゼルカーで小樽へ移動。

最近,小樽駅~寿司屋通りしか行っていなかったのですが,
お連れ様のご希望で,いわゆる小樽観光エリアへ。
この付近の散策は10年ブリぐらいかな?

カフェタイムは,六花亭さんのカフェへ。
ここは,シュークリーム等を購入すると,
 珈琲を1杯,無料サービスして頂けます。
小樽・六花亭カフェのシュークリーム

その後,いつものお寿司屋さん「日本橋」さんへ。
小樽・鮨物語「日本橋」

早田店長さん,池野さんなど,主要な面々は,
大阪梅田阪急百貨店の催事出店へ出張中。
ということで,留守番部隊の中井さんにお相手願いました。

ほとんどお任せコースで,次々にアテを出して頂いて,,
一番ヒットはこちら。
小樽・鮨物語「日本橋」


たらふく食べてから,日本橋さんをでたら,夜の帳が降りていました
小樽・運河通りの夜景
小樽・運河通りの夜景



1  |  2    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2009年05月      >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

ランキング

総合ランキング
50位 / 705人中 up
ジャンルランキング
18位 / 144人中 down
日記
地域ランキング
6位 / 27人中 down
近畿

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

阿桜酒造・自然の恵みに乾杯

むらさん

自由業的専門職(?)です。絵はがき的風景写真&料理写真が趣味(もちろんその後でおいしく頂きます!)。

自由気ままな、空と海と川の旅人、ふらっと日帰りで、たまには宿泊を伴う旅行も。おいしい食べ物、お酒、美しい景色、そして落ち着く場所があれば、北へ南へ、どこまでも。

そんなこんなの、何気ない毎日の備忘録を綴っていきたいと思います。どうぞ,よろしくお願いします。

ツイッター(Twitter)はじめました たまにつぶやいています

性別
男性
都道府県
兵庫県

このブログの読者

読者になる
読者数:1人