1  |  2    次>    

相変わらずです。

テーマ:ブログ

昨日今日と、相も変わらず暴風雪の三国峠でございます。

寒い、寒くないって・・・・・・。

これ↓↓見てくださいよ。

いかにも、寒いが~んですよねぇ~・・・。

久しぶりに、スッキリ綺麗な青空がみたい!!です。

 

しかし、今日の夕方遠~くの空が晴れてきまして、ウペペサンケ山に西日が当たり、

とても幻想的な景色でした。パクパク

 

 

9

探しました。

テーマ:ブログ

今日もまた天気予報で季節外れの雪が・・・が~ん、なんて言ってます。

 

悔しいので、三国峠までの道筋で春を探しました。

ありました、ありました。可憐な水芭蕉。

花言葉は『美しい思い出』、そして、5月3日の花だそうです。

まるでGWの花ですねぇ。

 

11

お馴染みになるまで。

テーマ:ブログ

今日も雪スノーマン2降り三国峠です。

春は今いずこ?

もうそろそろ気配ぐらい感じさせてくれてもいいのでは?と思ってしまう今日この頃です。

 

今回は、生豆がお馴染みのコーヒー豆になるまでのお話を少し。

コーヒー豆とは、コーヒーノキになるさくらんぼのような赤い果実の中にある種の部分のことをいいます。

さくらんぼのような赤い実は、ほんのり甘酸っぱい味がするそうです。

ファイル:Coffee beans on tree.jpg

コーヒーノキの果実からコーヒー豆を取り出す作業(精製)を経てコーヒー生豆になります。

生豆はこちら↓↓

ほんのりグリーンがかったグレーとでも言いましょうか。実は生豆は、ちょっと微妙な香りがします・・・。ニマリ

原産国で精製された生豆は、日本に輸入され、その豆を焙煎。

 約20分ほど温度に気をつけながら慎重に焙煎します。(とてもいい香りがしてきます)

(↑↑写真は焙煎し終わった豆を冷却しているところです)

そして、ようやくお馴染みのコーヒー豆になります。

 

 

 

 

12

ほっこり。

テーマ:ブログ

今日は器(うつわ)のおはなしを。

 

今シーズン、コーヒーカップを一新いたしました。

手作り感満載で、温かみのある器です。

こちらは『手しごと工房TOMO』さんの作品です。

大きさがちょうど手にしっくり馴染んで、心地よくほっこりします。

器の内側に粉引きを施していて、使い込むたびに味わい深くなり愛着が沸く一品です。

手仕事なので一つ一つ個性があり、使っていて楽しい気持ちにさせられます。

この可愛い器を三国峠でも販売しています。

いろいろ組みあわせを楽しむのがお勧めです。

 

こちらはケーキ皿にコーヒーカップを合わせてみました。

ちょっとしたお菓子と一緒にコーヒー、いかがですか?

 

『手しごと工房TOMO』さんは、陸別町の小利別で陶芸教室も開催しています。

〒089-4355

陸別町小利別(番地なし)『手しごと工房TOMO』坂井友子さん。

興味のある方はこちらをクリック⇒クリック毎日更新のブログ、楽しいですよ。

 

11

もっさり。

テーマ:ブログ

オープンから3日。

寒い日が続いております。

雪解けも進まず、店の屋根の上の雪がもっさり。

んん?

目を細めてみると・・・・・・、チョコレートケーキの上にたっぷりの生クリームがもっさり・・・。

・・・に、見えなくもない。 (;´∀`)ハハハ・・・。

 

 

 

 

10
1  |  2    次>    

プロフィール

三国峠

標高1139メートルにある三国峠。
北海道の国道で一番高い峠です。
眼下には雄大な樹海が広がります。
そんな三国峠の四季折々の風景を写真をおりまぜながら紹介します。

お気に入りブログ

最近のトラックバック