≪最初 <朝の柔らかな陽光… |TOP|

少年が身に着けるシャツの多様的色彩

テーマ:ブログ
 への字に結ばれた少年の口。本作は1880年代末頃から1890年代初頭にかけて制作されたイタリア人少年ミケランジェロ・ディ・ローザをモデル(彼は職業モデルであった)とした≪赤いチョッキの少年≫の連作の中の1点である。

 色鮮やかな赤色のチョッキ。上半身と僅かな下半身で構成される赤いチョッキの少年の姿態は画面のほぼ正面を向けており、ここにセザンヌの単身人物画の多くに共通する厳格な正面性と垂直性を見出すことができる。

 少年が身に着けるシャツの多様的色彩。赤いチョッキを中心に、首下に結ばれる青色のタイや柔らかさを感じさせる白地のシャツ、青緑味を帯びた背景の壁、そして厚ぼったいカーテンや少年の髪の毛などの黒色に近い緋色と様々な部分で色彩的対比が試みられている。

コメント

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

最近のトラックバック