≪最初 <KDDI子会社の… |TOP|

朝の柔らかな陽光を前半身に浴びる初老の男

テーマ:ブログ
 朝の柔らかな陽光を前半身に浴びる初老の男。1887年に開催されたアンデパンダン展(無審査出品制の美術展覧会)への出品作であるほか、よく1888年の「二十人会」展へも出品された本作は、画家の母と祖父をモデルに、ブルジョワ階級層(富裕層)の朝食風景を描いた作品である。

 カップを手にしショコラ(又はコーヒー)を楽しむ婦人。画面奥でカップを手にしショコラ(又はコーヒー)を飲む婦人(モデルは画家の母)は窓から射し込む陽光に背を向けた位置に座るため、その表情は陰に隠れ曖昧に見える。

 細かな点描による密度の高い厳格な対象表現。科学理論に基づいた点描表現によって描かれる本作は、ブルジョワジーの優雅な朝の情景を見事に捉えており、観る者に彼らの幸福なひと時を共有させる。

コメント

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

最近のトラックバック