≪最初 <第70回カンヌ国… |TOP| 本作は初期作品の…> 最新≫

画家自らが生涯最高の作品と位置付け重要視していた

テーマ:ブログ
 大地に横たわる裸婦。ルノワールが死去する前年に手がけられた、画家の絶筆でもある本作は、ロシア系のモデルで、息子ジャンの最初の妻となるアンドレ・ヘスリング(通称デデ)をモデルに複数体の裸婦像を描いた作品である。

 豊満で肉感に富んだ肉体。ルーベンスのそれを強く思わせる豊満で肉感に富んだ肉体で表されている、あきらかに巨大化された二体の裸婦の表現に、画家の衰えぬ創作意欲と探究心を強く感じさせる。

 後景で水浴する裸婦たち。神話的(又は理想的)場面描写が顕著となる画家の晩年期の作品においても、特に秀逸な出来栄えを示す作品のひとつである本作は、画家自らが生涯最高の作品と位置付け重要視していた。

コメント

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

最近のトラックバック