≪最初 <残される書簡から… |TOP| 第70回カンヌ国…> 最新≫

モネの家の庭、アイリス

テーマ:ブログ
印象派最大の巨匠クロード・モネが晩年期に手がけた代表的作品のひとつ『モネの家の庭、アイリス』。

本作は1880年代におこなった展示会の成功により経済的に安定し、1890年の11月にそれまで借家として住んでいたジヴェルニーの土地と家を購入した画家が若い頃から関心を寄せ(また当時の流行でもあった)、積極的に造園した自宅に庭に咲くアイリスの花々を描いた作品である。

土地の購入直後からおこなわれた造園は、19世紀末のフランスを代表する文筆家であり、画家同様、花々に対して強い関心を示していたオクターヴ・ミルボー(花の縁でモネとは良い友人であった)の助言もあり、本作が制作された頃には見事な出来栄えを見せていた。

画家はその後、自ら「私は花のおかげで画家になれたのであろう」と述べているよう、花の自然的な美しさに魅了され画業の初期から花の描写をおこなっており、本作では小道へ均一に植えられたアイリスの紫色の色彩が画面内で洪水のように広がっている。

コメント

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

最近のトラックバック