1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    

我が家の家族紹介

テーマ:写真
お久しぶりです
木蓮です!!

今日は家にいる可愛い家族を紹介します

7歳になる犬と6歳の猫を写真に載せますね

まずは犬は名前がノンって言います!!

やんちゃなおバカな犬です

次は猫の紹介します

猫は大人しいですがかなりの人見知りです

本当に可愛い家族です!!

ニー

のん

HN: 木蓮
9

ゲームセンター

テーマ:秋田・横手
最近、DSのソフト買って遊んでいます。ドラクエ関連ゲームが好きで、音楽もいいんですけど鳥山明のキャラクターやモンスターデザインが気にいっています。でも、今年42歳の僕は少年の心が少なくなっているようでゲームが飽きやすくなってきました。今遊んでるソフトは、ドラクエモンスタージョーカープロフェッショナルです。面白いですけど、レベル上げがめんどくさくなってきました。週末は、ゲームセンターに行って格闘ゲームやってます。スーパーストリートファイター4が好きです。贔屓のキャラはケンです。正直、格闘キャラクターの必殺技だせなくて店員に教えてもらう始末です。ゲームは、そろそろ引退ですかね。今週末も、懲りずにゲームセンター行こうかな?以上です。

HN: キム
9

コンピュータ哲学

テーマ:その他
遠い将来、ロボット(コンピュータ)が人間に取って替わるようになるのか?
2045年、コンピュータが人間を追い越すと言われている。
百年に渡るコンピュータと人間の主従関係が逆転するかも知れないというのだ。
そうなれば、人間が劣る事になり、結果、多くの人間は緩やかな淘汰を辿る事になるだろう。
それは、悲劇と言えるか?或いは人間の進化の最終楽章と言えるか?
コンピュータの視点から人間を見詰めつつ、コンピュータの世界との相違点を探ってみよう。

①不条理かつ奇怪な進化
コンピュータから見て、人間は極めて複雑、悪く言えば非合理的な機構で成り立っている。
人間の人格を内蔵するのは脳。
脳の中で無数の脳細胞が連絡を取り合う事により、人格が成り立っている。
コンピュータは二進法で事が足りる。
人間の脳はコンピュータから見れば、不可思議な機構を寄せ集めた厳めしい物体と思うに違いない。
一見不必要な進化を重ねた結果、偶然出来た産物が人間。
コンピュータはやがて、こうした「神の悪戯」を仕組んだ意義を悟るだろうが、不安定かつ複雑な要素が多い人間に近付こうと考えるコンピュータはいないだろう。

②生への執着、死への恐怖、そして強欲
人間の強欲は踏み止まる事を知らない。
その根底にあるのが生への執着と死への恐怖。
これが拡大し、強欲となる。
マズローの欲求段階説を辿って拡大するが、その過程で行き過ぎが生じ、罪に走る。
コンピュータは「欲求」を本質的に理解出来ない。
コンピュータは生きる時は全力を尽くし、避けられない死があれば静かに受け入れるだろう。

③人間の幼児性
「中二病」は、子供が成長し、社会的な地位を獲得する過程で、自意識だけが増長した結果、身の丈に合わない空想と現実の区別が出来なくなった状態だ。
しかしこうした事は、中二病に限った話ではない。
先程述べたマズローの欲求段階説の中に「承認の欲求」がある。
大抵の人間は、大成する為には、その踏み台となる原動力(=欲求) が必要なのだ。
また、人間社会では、自分の社会的な地位を受け入れた者を「大人」と捉えがちだが、それは欲求に折り合いを付け、或いは抑え込んだ結果なのである。
人間は仕事をしていく上で、何らかの自己欺瞞(ぎまん)を必要としている。
自意識故だ。
つまり人間は、自分の地位を本質的に理解出来ない。
コンピュータは目標の実現を可能・不可能の二択で考えるが、理想と現実の距離に苦しむのは人間だけである。
コンピュータの世界には、大人・子供の観念は無い。
その世界の住人は最初から社会的な役割が確立されており、それまでのモラトリアムの状態「子供」は一人もいないのだ。

④多様な価値観
人間は、一人として同じ人間はいない。
故に、無限の価値観が存在する。
それは、様々な視点から物事を考え、協力し社会を運営する為のものだ。
時に衝突があっても、それは競争となって、追い風を齎(もたら)す。
しかし、人間の中には法を平気で犯し、社会の和を乱す者もいる。
競争が過熱する余り、コロシアムになる事もある。
これも未熟傾向故だ。
コンピュータも、多種多様な人格を要する社会を構築出来るだろう。
しかし、完璧を理念に造られたコンピュータに、価値観の違いは実質的に存在するのか?

⑤意識の存在
①で述べた通り、コンピュータは人間のような複雑な脳を必要とせず、二進法で事が足りる。
しかしその人格は、「情報」という次元を過ぎず、人間の意識とは大きな違いがある。
では、人間の脳細胞や電気信号をロボットで再現すれば、意識は生まれるのだろうか?
それを確かめる術はない。
仮に、人間の意識をロボットの脳に移植するとどうなるだろうか?
多分、意識はあっても、全ての決定権はロボットに掌握され、夢を見ているように意識は薄まるだろう。

HN.東院メルハ
10

冬から春へ

テーマ:ブログ
今、秋田は冬のピーク。
雨が降ったかと思えば、次の日は決まって吹雪。
何度も何度も雪おろし……。
誰もがうんざりしている事だと思う。
でも知らず知らず雪が消え、
なんとなく春がそこまで来てるかな~と思える時がある。
雪が沢山なだけに春の訪れが実感できる。
言葉では言い表せないけど春~~~って感じかな?
でももう少し春までは遠いな~汗(女の子)
HN:ももちゃん
12

Chaka Demus and Pliers - She don t let nobody

テーマ:趣味
今日は自分の好きなレゲエの曲を紹介します♪


Chaka Demus and Pliers - She don t let nobody







元ネタはこちら

Curtis Mayfield She Won't Let Nobody But Me




Chaka Demus and PliersのほうはPliersの歌にChaka Demusのオリジナルの
DJ(MC)がからみます。

元ネタはCurtis Mayfieldで合っていると思います!

これより古いネタを知っているという方は気軽にメッセ、コメください。

また「She do'n t let nobody」の文法も正しくは
「She does'n t let nobody」になるはずですが・・・

これが間違っているという方も気軽にメッセ、コメください!


HN:トイトイ
12
1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    

プロフィール

プロフィール画像

イノベイト横手事業所パートブログ

札幌市に本社があるイノベイトの横手事業所(就労継続支援A型事業所)で働くパート職員のブログです。

”かまくら”で有名な秋田県横手市。ここで働くパート職員が日常の出来事について書いていきます。

株式会社イノベイト ホームページ

カレンダー

<<      2014年01月      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近の記事一覧

サイトバナー

かみしほろん