≪最初 <巨大石器の 看板 |TOP| 石の幼虫> 最新≫

荒ぶるカムイ

テーマ:ブログ
原石を手にし、ぐるぐると回しながら見ているうちに「鳥」を感じた。
この石は、今から220万年前、大雪山北部・白滝の火山の大噴火で生成された黒曜石。
気の遠くなるような時間をかけ、雨や風や砂に削られ出来た形だと思うと愛おしくさえ思える。

原石




原石の形状をそのままに、頭部と足の爪だけを削らせてもらった。

頭部の彫刻




鳥の名は、先住民アイヌの人々にとっての「守り神」~コタンコルカムイ~シマフクロウ。
制作時、意識していないつもりなのに、どうしても感情が移入してしまう・・・

自然が作った形と石肌を半光沢に仕上げた石の鳥は「慢心の怒り」を現していた。

荒ぶるカムイ



作品名は「荒ぶるカムイ」と決めた。






コメント

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017年09月      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

総合ランキング
35位 / 696人中 down
ジャンルランキング
10位 / 53人中 down
観光
地域ランキング
16位 / 97人中 down
上士幌

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

黒曜石の鏡に映る太陽

北の石器人

黒曜石(十勝石)の魅力にとりつかれ、原産地・上士幌町に移り住んで20数年・・・
日々、石にまみれて生きている1万年遅れの石器人です。

ホームページ

性別
男性

このブログの読者

最近のトラックバック