≪最初 <カラスの勝手 Ⅳ |TOP| 織姫と彦星~カム…> 最新≫

石笛

テーマ:ブログ
巣立ちを控えた親カラスの警戒心は噂どおり激しいものでした。
ちょっとでも巣に近づこうものなら、上空で激しく舞い、時には急降下で威嚇してきます。
これ以上親を怒らせたら本当に嘴で突っかれるか、体当たりでもされそうな気が・・・。

威嚇飛行

その後何日か雨の日が続き、ヒナの飛ぶ練習もお預け・・・巣立ちの日程も少し遅れるだろうと勝手に判断。

何とか平和的に野生とつきあえないものか・・・仕事を終えて一杯飲みながら考えていたら 「石笛」 が脳裏を過りました。

5千年ほど前の縄文遺跡から発掘された「石笛」(いわぶえ)
各地の遺跡から天然石の石笛が発掘されているし、青森の三内丸山遺跡からは、人工的に穴を空けたものも発掘されています。 

ボクはまだ現物を見たことも、その音色も聞いたこともないけれど、ずーと気になっていました。



縄文人が吹いていた「最古の笛」・・・


我が家のカラスのヒナの旅立ちには「黒曜石の石笛」の音を聞かせて祝おうと、夢中で制作を開始したのです

3日間ほどかけて、穴の口径や深さを何度も調整、ついに適度なサイズをみつけ、唇の位置や角度、息の強弱を繰り返し試しているうちにしだいに澄んだ音が出はじめました。

石笛

降り続いていた雨も上がり好天、久しぶりにカラスの巣をみて 愕然

ヒナがいない!

そうなんです。 カラスは野生の掟に従いちゃんと巣立ったのでした

せっかく 聞かせて上げようと思ったのに・・・でも、無事の旅立ちに安堵です。


追伸

巣立った後の雑木林で石笛の練習をしていたら、不思議なことに小鳥たちが反応したような気がしました・・・気のせいかも知れません。

で、その石笛ってどんな音色なの? って

三島由紀夫『英霊の声』という小説のなかで、「石笛の音色」についてにこんな風に表現していました。

  石笛の音(ね)はきいたことのない人にはわかるまいと思うが、心魂をゆる
  がすような神々しい響きを持っている。
  清澄そのものかと思うと、その底に玉のような温かい不透明な澱みがある。
  肺腑を貫ぬくやうであって、同時に、春風駘蕩たる風情に充ちている。
  古代の湖の底をのぞいて、そこに魚族(いろくず)や藻草(もぐさ)のすがたを
  透かし見るやうな心地がする。
  又あるひは、千丈の井戸の奥底にきらめく清水に向かって、声を発して戻つ
  てきた谺(こだま)をきくやうな心地がする。
  この笛の吹奏がはじまると、私はいつも、眠っていた自分の魂が呼びさまされ
  るやうに感じるのである。
                               「英霊の声」より抜粋


コメント

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017年11月      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ランキング

総合ランキング
36位 / 703人中 up
ジャンルランキング
10位 / 54人中 up
観光
地域ランキング
16位 / 97人中 keep
上士幌

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

黒曜石の鏡に映る太陽

北の石器人

黒曜石(十勝石)の魅力にとりつかれ、原産地・上士幌町に移り住んで20数年・・・
日々、石にまみれて生きている1万年遅れの石器人です。

ホームページ

性別
男性

このブログの読者

最近のトラックバック