≪最初 <極寒に生きるカメ |TOP| 金星・月・木星> 最新≫

~モモンガ~子供の守り神

テーマ:ブログ
名は聞いたことがあるし写真では知っていたけど、野生のモモンガは見たことがなかった。

アイヌの人たちは、モモンガを 「アッカムイ」 子供たちの守り神=と呼んでいたという。

「子供の守り神」 いい名だし、大きな黒い瞳が黒曜石にピッタリなので 作ろうと思った。

随分前のことだけど・・・
友人たちに 「野生のモモンガに会いたい」 と話したら目撃情報を提供してくれた。

自然ガイドのカモちゃん : 「いるよ、ぬかびら湖畔のログハウスの屋根裏に住んでるよ」
オリベ川の主 Tさん : 「あぁ あの飛ぶリスか 小学校の裏庭の林にいるよ」
お寺の住職 : 「寺の林にも住んでいるよ」
ぬかびら源泉郷の中村屋のご主人 : 「時々宿に入ってくる」・・・

情報を頼りに張り込み、一度だけモモンガのような影を見た。
が、それが本物か 幻覚だったか 写真が撮れなかったので確証は無い。
なんせ、彼らの行動時間は日没後・日の出前の一時間前後ゆえ・・・薄暗いのです

そんな訳で、ひがし大雪博物館の剥製、モモンガ写真家の目黒誠一さんの写真集、釧路動物園のモモンガ君を参考に 黒曜石のモモンガ が生まれた。


ここのところ制作を中断していたが、思いがあって2012年2月ついに制作再開。


こんな感じで作っています♪

モモンガ製作工程


今日 9匹目が出来上がり HP 「黒曜石の世界」 に掲載しました。

子供たちの守り神





コメント

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017年09月      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

総合ランキング
35位 / 696人中 down
ジャンルランキング
10位 / 53人中 down
観光
地域ランキング
16位 / 97人中 down
上士幌

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

黒曜石の鏡に映る太陽

北の石器人

黒曜石(十勝石)の魅力にとりつかれ、原産地・上士幌町に移り住んで20数年・・・
日々、石にまみれて生きている1万年遅れの石器人です。

ホームページ

性別
男性

このブログの読者

最近のトラックバック