石の中に・・・

テーマ:ブログ
原石の段階では、黒色に茶色の模様が見えたので 「夕暮れ時の三日月と一番星」 を彫ってみようと思っていた。
通常粗い削りから10工程の研磨を経て漆黒の光沢を生み出すのだが、5工程ほど研磨をすすめたところで水に濡らし、模様や不純物の有無を確認することにしている。

すると、この黒曜石は予想とは違った複雑な模様が見えてきた。

今まで見たこともない ゛怪しさ゛に誘惑され一気に作業を進めた。

最後の研磨を終えて仕上がった石面は、 ゛夕暮れ時゛とは全く異質の石景・・・石の中で天変地異 が起こっているかのようだった。




石の中に・・・



何人かのお客さんや友人にこの石の模様、何に見えますか? とたずねてみた。

「異常気象」「荒れ狂う海と空」「洪水」「天地異変」・・・皆さんそれぞれ「天変地異」に関する答えで、ボク自身と同じだった。

が、一人だけ、毎年旅の途中に工房を訪れてくれる友が 「龍がいる」 と云った。

その一言は衝撃だった。


そう云われて、あらためてじっくりと見ていたら石の中の茶色の模様が龍が見えてきた!
その龍は荒れ狂う天空から地上に舞い降りようとしていた。

それから1ヶ月ほどこの石には手が付けられずそのまま手元においていたが、どうしても顔だけは彫らせてもらいたい衝動にかられ彫刻し目に砂金をはめ込み完成とした。




龍神

龍は空想や神話の世界に存在する生き物。

西洋では悪と闇を表し人々に恐れられているが、東洋では 気高さと厳粛性を備え、神聖で幸運を呼ぶ生き物 として崇められている。

2012年辰年も残り3ヶ月、震災の復興も原発事故の収束も遅々として進まず、異常気象と政治の堕落・・・黒曜石の中にいた龍はせめて東洋の龍神であってほしいと願い・・・今宵は祈願の酒を飲んでいます。






記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2012年09月      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ランキング

総合ランキング
36位 / 703人中 up
ジャンルランキング
10位 / 54人中 up
観光
地域ランキング
16位 / 97人中 keep
上士幌

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

黒曜石の鏡に映る太陽

北の石器人

黒曜石(十勝石)の魅力にとりつかれ、原産地・上士幌町に移り住んで20数年・・・
日々、石にまみれて生きている1万年遅れの石器人です。

ホームページ

性別
男性

このブログの読者

最近のトラックバック