エゾシカの群

テーマ:ブログ
濃い霧の阿寒の峠を越えて釧路に向かう途中、雪解けの畑に群れるエゾシカ。
50頭ほどの大群にカメラを向けた瞬間森にむかって一斉に駆け出した。
彼等にとっては、カメラのレンズもライフルの銃口と同じ人間の凶器と見えたのだろう。

エゾシカの群2


明治の昔、エゾシカたちの天敵はオオカミだった。
開拓時、北海道に入植したボクの曾々爺さんたちにとってはオオカミは害獣で、徹底した狼狩により絶滅させてしまった。

ボクの曾々爺さんは、100年後オオカミが絶滅した大地にエゾシカが大繁殖し、年間50億円もの農林業被害を出すなんて夢々にも思わなかったに違いない。


3.11以降 10年後20年後100年後の未来のことを少しは考えて生きなければと思うようになったのは、自分自身のささやかな進化ととらえて良いのだろうか?



雪解けの春、エゾシカの群にすざましい野生の生への本質を見たような気がした。

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2012年04月      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

ランキング

総合ランキング
35位 / 696人中 down
ジャンルランキング
10位 / 53人中 down
観光
地域ランキング
16位 / 97人中 down
上士幌

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

黒曜石の鏡に映る太陽

北の石器人

黒曜石(十勝石)の魅力にとりつかれ、原産地・上士幌町に移り住んで20数年・・・
日々、石にまみれて生きている1万年遅れの石器人です。

ホームページ

性別
男性

このブログの読者

最近のトラックバック