町長 「原発奨励せず!」

テーマ:ブログ
年のせいか、季節のせいか・・・目覚めが早くなった北の石器人。
今朝もカッコウの声に反応し4時に起きてしまった。
数年前までなら目が覚めたらそのまま工房に行き、ひと仕事をして朝食ということもあったが、今それをやると夕方までもたなくなってしまう。

だから、ひとり静かにテレビのニュースを片耳で聴きながら新聞を読むことにしている。
3.11以降・・・テレビも新聞も重く暗い、被災地の復興は進まず原発事故は収束というより悪化の一途をたどっているように思える。


第二次世界大戦で「悪の枢軸」と云われた日本とドイツとイタリアの三国、イタリアはチェルノブイリの事故後に原発から撤退、ドイツはフクシマから学び脱原発の道を歩き始めた。
ヒロシマ・ナガサキで多くの命を奪われ、ビキニ環礁の核実験で三度犠牲を強いられ、今また福島原発事故で放射能の深刻な危険にさらされているにも係わらず、日本の権力者たちは「原発」を維持したいようだ。


今朝もいつものように、新聞を読んでいたら素敵な記事が目に飛び込んできた。

「町長が原発奨励せず」 
北海道新聞の23面「とかち・帯広」のページの片隅、見落としそうな小さな記事。

記事によると・・・わが町・上士幌町の竹中町長が議会で
 「農業が町の生命線。原発の奨励や原子力によるまちづくりはしない。」 
と答弁したと報じられた。

知事も十勝管内19市町村の首長も「原発」に明確な態度表明をしていない中、先陣を切って
 「原子力によるまちづくりはしない」 
と明言された竹中町長の熱い思いに心から賛同と敬意を表します!


北海道新聞 6.9
                                       2011.6.9 北海道新聞23面より

ボクが編集長なら、この記事は一面トップでもっと詳しく報じたと思います音符

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2011年06月      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ランキング

総合ランキング
36位 / 703人中 up
ジャンルランキング
10位 / 54人中 up
観光
地域ランキング
16位 / 97人中 keep
上士幌

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

黒曜石の鏡に映る太陽

北の石器人

黒曜石(十勝石)の魅力にとりつかれ、原産地・上士幌町に移り住んで20数年・・・
日々、石にまみれて生きている1万年遅れの石器人です。

ホームページ

性別
男性

このブログの読者

最近のトラックバック