雪原の皆既月食

テーマ:ブログ
2010年元旦は満月だった。
年男の正月に満月が見られるなんて、一生に一度あるか無いかのめぐり合わせなので「遠吠え」を試みた。
そのせいか、月に取り付かれた年だった。

仕事は不況で悪戦苦闘したけど、月や探査機「はやぶさ」など宇宙に関する作品を作っている時はとても楽しかった。

いろいろあった一年だったけど、「遠吠え」から355日目に「皆既月食」を拝顔して締めくくれるなんて・・・幸運だと思う音符

そんな訳で、スキーウェアーを着込みカメラを持って高原に向ったのです。
気温マイナス6℃、晴れ、欠けながら昇り皆既食が終わるまでの3時間弱、幻想的な「赤い月」を雪原で堪能してきました。


写真は、あまり上手くありませんが、折角なので見てやって下さい。

皆既月食16時3分
                       雪原に昇る皆既月食 16時03分


皆既月食16時4分
                                16時04分


皆既月食16時23分
                  日が沈みはじめ陰影が見えた 16時23分


皆既月食16時31分
                                16時31分


皆既月食16時36分
                         赤みを増してくる月 16時36分



                                皆既食 17時18分


あと2時間位頑張れば「普通の満月」に戻るまで見届けられたのですが、折角訪れた幸運の夜、凍死だけは避けたかったので退散し・・・我が家で一杯飲みながら月見酒ワイン






記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2010年12月      >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

ランキング

総合ランキング
36位 / 703人中 up
ジャンルランキング
10位 / 54人中 up
観光
地域ランキング
16位 / 97人中 keep
上士幌

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

黒曜石の鏡に映る太陽

北の石器人

黒曜石(十勝石)の魅力にとりつかれ、原産地・上士幌町に移り住んで20数年・・・
日々、石にまみれて生きている1万年遅れの石器人です。

ホームページ

性別
男性

このブログの読者

最近のトラックバック