部分月食

テーマ:ブログ
6月23日 朝から肌寒く、昼になっても14℃
「今年はこのまま秋になってしまうではないか?」と不安が過った。

そのわずか3日後の26日 事態は激変。
なんと、午後3時の気温 36.6℃・・・寒かった3日前との温度差22℃

いくら夏らしい気温を望んだといっても、これほどの温度差は寒冷地仕様の身には過酷過ぎ。


しかし、仕事を終え疲れたからと云って一杯飲んで寝るわけにはいかなかった。

見過ごすわけにはいかない 「部分月食」

太陽-地球-月が一直線に並ぶ天体ショーを、日本列島て゛唯一観察できるのは梅雨のない北海道と東北の一部とのこと。

デジカメ・天体望遠鏡・ウィスキーを用意して、汗をふきふき
        「地球の影」 ばっちりゲットしました 


部分月食
             2010.6.26 21:11:32


月食観察を終えて、深夜だというのに、20℃をキープし続けている北海道。
ちなみに、26日の全国最高温度は隣町の足寄町37.1、2位は北見市37℃、
上士幌町は第3位
     ・・・こういう場合は、別に1番じゃなくてもいいんです・・・

おかえりなさい! はやぶさ

テーマ:ブログ
それは、「はやぶさ」が大気圏に突入する 5時間前 のことだった。

閉店時間ギリギリに、二人の中年のお客さんがご来店。

横浜から仕事で来町され、お土産に買って帰りたいと、店内を見ているうちに 「黒曜石のイトカワ君」 を発見してくれた。

これまで、「犬のウンコ」だとか「親指」だとか云われ無視されていた「イトカワ君」を手にし、ポツリとつぶやいた。

「無事に帰還してくれるといいんだけどなぁ~  今夜・・・」

「実は私、オーストラリアに落下する 「はやぶさのカプセル」 を追跡するアンテナの部品をJAXAに頼まれて作ったんだぁ~」


  「えぇぇぇぇ」   ボクはその後、言葉を失った。


夢みたいな偶然、 こんなことってあって良いのだろうか
はやぶさが帰還する5時間前に、関係者のお一人が目の前に・・・。
しかも、~はやぶさ地球への帰還~の彫刻をお求め頂いたわけで・・・。

おかえりなさい! はやぶさ


お客様がお帰りになった後、

今夜の「はやぶさ」の最終ミッションは絶対成功すると確信した。

そして、前祝に野外ジンギスカンパーティを決行 したのは云うまでもない。






「無謀だ。 日本が 小惑星に? ありえない」

計画当初、アメリカ航空宇宙局(NASA)の科学者はそう思っていたらしい・・・

月や火星にも着陸したことがないのだから、そう思われて当然だったのかも知れない。

しかし、
「はやぶさ」は数々のトラブルを克服して見事に帰還したのだ!



この宇宙探査史上初の仕事を成し遂げたJAXAの科学者と町工場の技術者に心から拍手を送りたい。


おかえりなさい! 小惑星探査機 「はやぶさ」 

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2010年06月      >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ランキング

総合ランキング
35位 / 696人中 down
ジャンルランキング
10位 / 53人中 down
観光
地域ランキング
16位 / 97人中 down
上士幌

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

黒曜石の鏡に映る太陽

北の石器人

黒曜石(十勝石)の魅力にとりつかれ、原産地・上士幌町に移り住んで20数年・・・
日々、石にまみれて生きている1万年遅れの石器人です。

ホームページ

性別
男性

このブログの読者

最近のトラックバック