満月に吠える

テーマ:ブログ
 「来年のことを云うと鬼が笑う」 って云うけど・・・元旦の夜の予定が決定したので報告します。

実は来年は年男、しかもボクの干支は36年に一度しかめぐってこない強運のトラ・・・「五黄の虎」 (ごおのとら) なのであります。
今一その実感はありませんが・・・現存している日本人の中では、大正3年・昭和25年・昭和61年生まれにだけ与えられた由緒あるトラなのです。

元旦が満月・年男・しかもケジメの年齢・・・この三つが重なる確立は軌跡的でラッキーとしか云い様がありません。

だから

この際 恥も外聞も捨て、元旦の夜は満月に向って 「狼の遠吠え」 ならぬ
 「トラの遠吠え」 をやることにしました



今のところ、共感し行動を共にしてくれる人は2人です。


同じトラ年で東京在住の女流書家マッキーさんから・・・メッセージ貰いました。

    「トラの遠吠え」気持ちがよさそうですね。絶対やりましょう。
    ご近所から危ない主婦のレッテルが張られそうですが、奇跡的確率
    の元旦満月を黙ってやり過ごすわけにはいかないから。


それを知った秋田在住の縄文弥生子さんからも・・・

    私も仲間に入れてください(^^) 満月に吠えまくります。


な、わけで、一人より二人、二人より三人・・・行動を共にする同志がいると心強い!

レッテル張られようが、気がふれたと思われようが、こうなった以上もう後には引けません。


年齢、干支、性別 思想・信条など細かいことは一切問いません。

新しい年が少しでも良い年になることを願って、元旦の夜は満月に吠えようじゃありませんか音符

電 話

テーマ:ブログ
昨夜は何故か旧友からの電話が集中した夜だった。

受話器を置いた瞬間にコール・・・立て続けに3件。

皆それぞれに思うところがあって一年の出来事の報告を兼ねた気晴らしのお喋り・・・中年も後半になると 「元気に頑張っている友の声」 を聞くと安堵するし励まされるものだ。


昨日は朝から一日中雪が降っていた。
除雪作業で疲れていたので、もう寝ようと思った瞬間に4回目のコール。

不吉な予感がした。

きっと Y.T だろうと直感して受話器を取ったらズバリ的中。

Y.T は20代のころから神奈川の職場で一緒に働いていた同僚、今も窓際近くで頑張っていて、中途退職し帰郷したボクのことをずーと気にかけてくれている親友。
糠平源泉郷のファンでもあり、2年に一度は訪れてくれる。

で、そのY.T君の用件は・・・

「格安航空券が取れたから、1月の末に3人でそっちに遊びにいくのでよろしく」  だった。

1月末と云えば寒い北海道が最も寒くなる時。

以前 冬に来た時、糠平でマイナス24℃を体験したので、今回はその記録を更新するため「陸別町の銀河の森天文台コテージ」で一泊、2日目は糠平温泉「山湖荘」・・・などと旅の計画を打ち合わせ・・・

「とにかく一番寒い時期に一番寒い町に行くのだから、風邪ひかないように体調だけはととのえておいてネ」

と云ったら、信じられない答えが返ってきた。


「大丈夫。オレ今 ~新型インフルエンザ~ にかかって自宅療養中、 熱38℃あるけどもう殆ど治りかけてるから!」


「えぇぇ~」

ボクはとっさに、持っていた受話器を口と耳から遠ざけた。

「電話で感染するはずない」 と願いつつ念入りにうがいをしながら・・・思った。

新型の療養中、しかも熱がまだあるっていうのに 「旅の計画」 なんて考えられるものだろうか



もしかしたら、人類はすでに新型インフルエンザを克服しつつあるのかも知れない音符

満月の夜

テーマ:ブログ
昨夜の 満月 ・・・
マイナス1℃、澄み切った夜空で 今年最後の満月 はすっごい存在感をしめしていた。

一緒に仕事をしている下の妹が・・・

「そう云えば、オネエが「最近満月の日は、身体の調子がいつもと違うんだよね~」と云っていたけど、オニイもなんか変化感じる?」
                         オネエ 3人兄妹の真中の妹  オニイ は長男のボクのこと

今まで特に意識したことは無かったけど、云われてみれば、満月の日は海の水を引っ張り上げるほど強烈な引力が作用しているのだから、7~80%が水で出来ている人体に何らかの影響が出ても不思議じゃない・・・。

仕事を終えて、工房の窓から 「師走の満月」 を観ながら一杯やっていたら 「身体の部位の文字」 がうかんできた。

最初は 肝臓・・・酒飲みのボクにとって最も重要な臓器。

腎・胆・腸・胃・肺・腹・腰・腕・肘・膝・腕・脇・脚・胴・肩・背・臓・腋・そして脳。

あれぇ~   みんな「月」がついている

漢字は文字そのものに意味があって作られているのだから、身体の部位を示す字に「月」を付けたと云うことは古代ではちゃんと意味があってのことに違いない。

とすると、何も感じないボクの感覚はかなり鈍化しているということなのかも。

ちなみに皆さん 昨夜の満月 に何か感じました


次の満月は1月1日
元旦の夜が満月だなんて・・・2010年 「なんか良い年になりそう音符」 と切望している北の石器人です。

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2009年12月      >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ランキング

総合ランキング
35位 / 696人中 down
ジャンルランキング
10位 / 53人中 down
観光
地域ランキング
16位 / 97人中 down
上士幌

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

黒曜石の鏡に映る太陽

北の石器人

黒曜石(十勝石)の魅力にとりつかれ、原産地・上士幌町に移り住んで20数年・・・
日々、石にまみれて生きている1万年遅れの石器人です。

ホームページ

性別
男性

このブログの読者

最近のトラックバック