1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

おーろら号と女満別温泉

テーマ:旅日記
日曜日は、知床半島の遠音別というところで流氷を見た後、網走に向かいました。
網走の流氷は、だいぶ沖に流されていましたが、砕氷船のおーろら号に乗って何とか追いつくことができました。



その後、浜小清水に戻って名残の流氷を楽しみ、女満別に向かいました。



シメはやはり温泉ということで、女満別空港近くにある町営温泉「ひまわり温泉」に行ってきました。
アルカリ性のお湯はツルスベ感があって快適でした。
冷えた体を温めることもでき、良い旅の終わりとなりました。

キング・オブ・深夜バス

テーマ:旅日記
前回・前々回と先週末に訪れた大分の温泉巡りをご紹介してきました。
本来、この旅は2泊3日の予定で、最終日の3日目に別府の温泉を満喫するつもりだったのですが、台風が九州に接近していたため泣く泣く予定を切り上げて帰宅することになりました。
ただ、単純に予定の飛行機を繰り上げるだけでは面白くないので、なにかいい方法はないかなと調べたところ、小倉から新宿まで夜行バスの空席が1席あったので予約を入れました。
そう、そのバスこそが「キング・オブ・深夜バス」として水曜どうでしょうファンにおなじみのはかた号です。
ミスターこと鈴井貴之氏に「ケツの肉がとれる夢を見た」と言わしめたあのはかた号です。
水曜どうでしょうファンならもう乗るしかありません。(笑)
というわけで、急遽予定を変更してJRの特急ソニックで別府駅から小倉駅に向かいました。


小倉駅に向かう途中、「USA」を通りました。(これもどうでしょうネタですね。)


小倉駅20時35分、いよいよ「キング」とのご対面です。
2階建てのバスは威圧感十分です。(笑)


そして乗車した座席なのですが、実は「プレミアムシート」という最上級の座席で非常に乗り心地の良い席なのです。ですので、「ケツの肉がとれる夢を見る」こともなく、翌朝まで爆睡することができました。
残っていた1席がたまたまそのシートというだけの理由なのですが、快適なバス旅を楽しむことができました。
どうでしょうと同様に深夜バスに「やられたい」方は、4列シートの「エコノミーシート」がお勧めです。見た感じかなり狭そうだったので、きっとやられることができます。(笑)





今回の旅は、台風の影響で予定を大幅に変更することになってしまいましたが、それでも良質な温泉や「キング」を楽しむことができたので、良かったのかなと思います。

旭山動物園に雲海テラス

テーマ:旅日記
この週末、また北海道に出かけてきました。
しかし、いつもの一人旅とは違い、身内との旅行です。
ですので、今回はガイドブックのモデルコースのようなルートをまわってみました。

初日の昼過ぎに旭川空港に到着。
今が見頃の紅葉を見に、大雪方面に向かいたいところですが、美瑛方面に向かいます。
ケンとメリーの木、セブンスターの木、マイルドセブンの丘といった定番スポットを巡り、白金温泉泊。
美瑛は人が多かったものの、秋の風が心地よくて爽快でした。
夜は、白金温泉のいいお湯も楽しめ、気持ちよく1日を締めくくりました。



翌日は、少し早めに宿を出発し、青い池へ。
早めの時間だったことが幸いし、人もまだ少なく、気持ちの良い散策ができました。


次は、この日のメインイベントの旭山動物園に行きました。
今まで何回も北海道に出かけていますが、旭山動物園を訪れるのは初めて。
けっこう楽しみにしていました。
評判通り、動物の見せ方の工夫が素晴らしく、大変楽しむことができました。




旭山動物園を後にし、トマム方面に向かったのですが、単純に国道を進むのはつまらないので、少々寄り道をしてみました。
まずは、上富良野のジェットコースターの道へ。これぞ北海道という風景は相変わらず素晴らしいです。


次は、家族の強いリクエストに応えて、ファーム富田です。
当然、ラベンダーは咲いていませんが、花畑はやはり美しいです。


この日の宿は、トマムの星野リゾートザ・タワーです。
一人旅ではまず縁のなさそうなお宿ですが、やはり色々とサービスのレベルが高く、また行きたくなりました。


翌朝、もう一つのメインイベントである雲海テラスに出かけました。
この日は、「トマム産の低い雲海」が出ていて、非常に幻想的な風景を楽しむことができました。
待ち時間が非常に長くて大変でしたが、頑張った甲斐がありました。




今回は、有名だけど今まであまり縁のなかったスポットをまわることができたので、新鮮な体験ができ、なかなか面白かったです。たまにはこういう旅もいいものですね。

ぬかびら周辺巡り

テーマ:旅日記
29日は、ぬかびらユースのタウシュベツツアーに参加し、日中はレンタカーでぬかびら周辺を巡りました。

まずは幌加駅跡。
駅構内の糠平方に咲いたルピナスが綺麗でした。


十勝三股のルピナスも見頃を迎えていました。



その後、鹿の谷さんで露天風呂を楽しみ、三股山荘さんで昼食。
至福のひとときです。



再び三股を散策した後ぬかびらに戻り、タウシュベツ写真展を見学。

最後は、山田温泉でまったりと過ごして、帰途につきました。
ぬかびら周辺の定番ポイントを巡る楽しい1日となりました。

勢多山ツアー (詳細)

テーマ:旅日記
昨日、現地から簡単にレポートしたぬかびらユースの勢多山ツアーについて、もう少し詳しく書いてみたいと思います。

ぬかびらを8時過ぎくらいに出て、ナイタイ高原にある登山口から出発したのが9時くらいでした。しばらくは森の中を少しずつ登っていきます。




頑張って登っていくと、十勝平野が見渡せるポイントに到達します。
ここから眺める風景はまさに十勝のイメージそのもので、大変素晴らしいものでした。



そこからもう少し頑張ると、ようやく頂上です。
登り始めてから3時間少々で到着しました。
終盤はややエネルギー切れ気味で少々しんどかったですが、達成感を感じることができました。
頂上では風もあまり吹いていなかったので、暖かい日差しの中のんびりと昼食を楽しみました。


帰りは、行きとは打って変わって非常に楽で、サクサク下りていきます。
雄大な風景を楽しむ余裕もあり、非常に快適でした。


登山口に戻ってきたのは15時頃で、ほぼ予定通りでした。
体力的にはややハードなツアー(女性陣は結構きつそうでした。)でしたが、天気も良く、絶景を楽しめたので大変楽しいツアーとなりました。


1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

鉄五郎

情報システム部

ぬかびらユースの情報システム部長(?)に任命されています。
北海道や東北の温泉が好きで、よく出かけています。

都道府県
埼玉県

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック