≪最初 <旅と鉄道 |TOP|

白骨温泉 泡の湯

テーマ:温泉
先週末、白骨温泉の泡の湯に出かけてきました。
今週は雪が降ったようですが、先週はとても天気が良く、昼間は青空、夜は月と星を見ながらゆっくりと温泉を楽しむことができました。




泡の湯はぬるめの硫黄泉で、長湯を楽しむことが出来ます。
有名な露天風呂も良かったですが、内湯の浴槽が特に良かったです。
源泉を加温せずにそのままかけ流しているので、ちょうど人肌くらいの温度でいくらでも入っていられる気持ちよさでした。これはやみつきになりますね。

今回は車で出かけたのですが、行きと帰りでルートを変えてみました。
行きは中央道経由で、信州の山々や諏訪湖がきれいでした。
この冬は久しぶりに諏訪湖の御神渡が見られたようですが、この時期は完全に氷はなくなっており、春の景色でした。



帰りは、長野道と上信越道を経由しました。
姨捨では善光寺平の雄大な景色を楽しみました。



そして、横川のサービスエリアにも立ち寄りました。
横川といえば、碓氷峠と峠の釜めしですが、ここではこのようなものを見ることが出来ました。



かつて碓氷峠がアプト式鉄道だったころ走っていたキハ57「風」のカットモデルです。
「風」と書いたのは、先頭部分は本物の車両をカットしたものですが、九州で走っていたキハ58というアプト式用ではない車両で、客室部分はレプリカだからです。
とはいっても、車体はキハ57もキハ58もほぼ同じなので、当時の雰囲気をよく再現できていて面白かったです。(時々当時の釜飯売りの音声も流れていました。)





コメント

プロフィール

鉄五郎

情報システム部

ぬかびらユースの情報システム部長(?)に任命されています。
北海道や東北の温泉が好きで、よく出かけています。

都道府県
埼玉県

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック