1  |  2    次>    

三瓶温泉 湯元旅館 (出雲・石見の旅 その2)

テーマ:温泉
宿は三瓶温泉の湯元旅館さんにしてみました。
湯元旅館


三瓶温泉は三瓶山の南麓にある小さな温泉街です。湯元旅館さんはその名の通り湯元なので、三瓶温泉の上質な湯を思う存分楽しむことができます。泉質はナトリウム―塩化物泉で、温度は39度とぬるめです。そして、特筆すべきなのは、その湯量です。なんと毎分2500リットルです!もちろん、この量を全て湯元旅館さんで使用するわけではありませんが、宿の浴槽には大量のお湯がこれでもかというくらい掛け流されています。
湯元旅館 浴室1

湯元旅館 浴室2


夏場と言うこともあり、気温が高くて暑いのですが、そういうときにはこのくらいの湯温が本当に心地よく、かなり長湯をしてしまいました。

宿の女将さんによると、毎年6月下旬頃には蛍を見ることができるそうです。ですので、次はこの時期を狙って再訪したいなと思いました。


出雲・石見の旅 その1

テーマ:旅日記
サンライズ出雲号に乗って、島根県を旅してきました。

島根県は、以前奥出雲おろち号に乗ったときに訪れた程度で、まともに観光したことが無かったのでとても新鮮でした。ですので、今回は島根の旅のモデルコース的な比較的ベタな観光をしてきました。

乗車したサンライズ出雲は、出雲市駅に1時間ほど遅れて到着しました。途中の浜松駅付近で線路に人が立ち入ったために遅れたそうです。サンライズ出雲に乗ることが今回の旅の大きな目的の一つなので、より長い時間乗れてラッキー(?)でした。
サンライズ出雲


出雲市を訪れるのは初めてなので、まずは出雲大社を目指します。
出雲大社入り口


参道を歩いていると、なぜか身が引き締まってきます。
出雲大社参道


出雲大社の本殿は現在改修工事中とのことで、残念ながら参拝できませんでしたが、神様はこちらの御仮殿に移られているそうで、参拝はこちらで行いました。
出雲大社御仮殿

出雲大社


出雲大社の後は、鉄道好きとしては見逃せない大社駅跡を見てきました。大社駅はJR大社線が廃線になる1990年まで使用されていた駅で、出雲大社を模して作られた非常に立派な駅舎が特徴です。現在は国の重要文化財に指定されています。
大社駅

大社駅 出札窓口

大社駅 構内


駅の中には、往年の賑わいを写した写真が表紙になっている時刻表が展示されていました。
大社駅 時刻表



サンライズ出雲

テーマ:旅先から

サンライズ出雲号に乗っています。
これから島根県の出雲市に向かいます。


北京へ行ってきました

テーマ:旅日記
水曜日から金曜日まで中国の北京に出張してきました。中国に行くのは初めてだったので、大変新鮮な体験ができました。

まず驚いたのが、道路の交通事情です。とにかく全体的に運転が荒っぽいです。クラクションもバンバン鳴っていました。歩行者や自転車なども車道を悠然と横切っていきます。自分が北京で運転したら、確実に人を轢く自信があります。(笑)

町中の様子です。横断歩道は赤信号ですが、そんなのはお構いなしです。(汗)
北京の街


北京の街は近代的なビルが建ち並んでいて、さすが中国の首都だと思わせますが、少し外れると昔ながらの風景が見られるのも面白いです。
天壇の脇


今回は仕事での出張なので、当然ながら期間のほとんどは先方との打ち合わせでしたが、最終日に少し時間に余裕ができたので、世界遺産である「天壇」を観光してきました。

天壇は、明から清の時代の皇帝が天に祈りを捧げた宗教的な場所で、1998年に世界遺産に指定されています。現在は、史跡全体が非常に大きな公園として整備されており、多くの観光客で賑わっています。
天壇1

天壇2


圜丘壇という天を祭るための儀式を行う場所では、観光客が代わる代わる祈りのポーズをして記念撮影していました。
天壇4


皇帝が祈りを捧げたという祈年殿です。
北京のシンボル的な建造物の一つだそうで、大変美しい作りとなっています。
天壇3

天壇5

天壇6


食事も大変美味しかったですし、異国ならではの経験もできたので、大変良い時間を過ごせました。


湯田川温泉 正面湯 / あつみ温泉 越後屋旅館

テーマ:温泉
GWで巡った温泉シリーズの最終回は、山形県庄内地方の2つの温泉をご紹介します。

一カ所目は、湯田川温泉です。湯田川温泉は約1300年の歴史を誇る由緒ある温泉で、こぢんまりとしていますがなかなか良いムードの温泉街です。
湯田川温泉街


今回入浴したのは、共同浴場の正面湯です。
正面湯


近くの商店で入浴券(200円)を買うと、お店の人が鍵を開けてくれるシステムとなっています。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉で、無色透明のお湯がザバザバと掛け流されていて、すごく浴感の良いお湯でした。さすが新湯注入率を自慢するだけのことはあります。

二カ所目は、この日の宿泊先であるあつみ温泉の越後屋旅館です。
越後屋旅館


お風呂は、ナトリウム・カルシウムー塩化物硫酸塩温泉の新鮮なお湯がたっぷり掛け流されており、こちらも大変心地よい湯浴みとなりました。
越後屋旅館内湯


また、食事も日本海の海の幸をたっぷり使用したもので、大変美味しく、旅の最後を締めくくるにふさわしい素晴らしいお宿でした。


1  |  2    次>    

プロフィール

鉄五郎

情報システム部

ぬかびらユースの情報システム部長(?)に任命されています。
北海道や東北の温泉が好きで、よく出かけています。

都道府県
埼玉県

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック