酸ヶ湯温泉 (北東北冬の旅 (その4))

テーマ:温泉
この日の宿泊は、ヒバ千人風呂で有名な酸ヶ湯温泉です。
酸ヶ湯温泉


酸ヶ湯は八甲田の山中にある歴史ある温泉で、いかにも温泉場というムードがあります。とても雪深いところなので、部屋の窓から外を見ると、雪が山になっていました。今現在、積雪量が4m以上らしいので、このときよりもさらに雪が積もっていると思われます。
酸ヶ湯 室外


温泉は、混浴のヒバ千人風呂と男女別の小浴場「玉の湯」があり、どちらも酸性硫黄泉です。

ヒバ千人風呂の入り口(浴室内は撮影禁止です)
千人風呂入り口


白濁した酸味のあるお湯がドバドバと掛け流されており、大変気持ちの良い湯浴みを楽しむことができます。

ヒバ千人風呂は混浴ということもあり、女性の方は抵抗があるかもしれませんが、朝夕1時間ずつ(8時~9時、20時~21時)女性専用時間帯があるので気兼ねなく楽しめると思います。

ヒバ千人風呂の中は、「冷の湯」「熱の湯」「四分六分の湯」「湯滝」があります。
「冷の湯」でかけ湯をし、一番広い「四分六分の湯」で開放感を楽しみ、「湯滝」で肩こりをほぐし、足元湧出の「熱の湯」で湯を心ゆくまで楽しむことができます。

なお、「酸ヶ湯」の名の通り酸性が非常に強い(PH1台)泉質なので、湯が目に入るとムスカ状態(笑)になるので、ご注意ください。


北東北冬の旅 (その3)

テーマ:旅日記
青森駅に到着しました。
青森駅


今宵の宿である酸ヶ湯温泉に行くまでやや時間があるので、三内温泉に立ち寄ります。

三内温泉へは青森市営バスで行くことができますが、青森駅から少し歩いたところにある「古川」というバス停から乗車します。

「古川」のバス停へは古川市場という市場のある通りを抜けると近いのですが、今年の青森は雪が多いので、いつもよりやや時間がかかりました。
古川


雪の行き場がないのか、交差点の真ん中に雪が山積みになっていました。大変です。
青森市内


そんな中やってきた三内温泉ですが、やはり素晴らしいです。
夏に来たときは汗が止まらなくて大変なことになりましたが、真冬でも汗がダラダラ出ます。でも、外が寒いのでこのポカポカ感がたまらなく心地よいです。
三内温泉 冬



プロフィール

鉄五郎

情報システム部

ぬかびらユースの情報システム部長(?)に任命されています。
北海道や東北の温泉が好きで、よく出かけています。

都道府県
埼玉県

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック