1  |  2  |  3    次>    

北東北冬の旅 (その2)

テーマ:旅日記
朝起きてみると、そこは一面の銀世界でした。といいますか、かなり吹雪いていました。一晩寝るだけで、こうも違う世界に来られるとは何か不思議な感覚です。これも夜汽車ならではの楽しみです。

八郎潟駅
八郎潟駅


森岳駅
森岳駅


除雪作業も大変そうです。ご苦労様です。
除雪作業


雪の降り方がなかなかなので相当遅れるかと思われましたが、意外と健闘し、20分程度の遅れで終点青森に到着しました。
あけぼの 青森到着


青森は意外なことに晴れていましたが、ホームには雪が積もっていて北国に来たなと感じさせてくれます。
青森駅 ホーム

北東北冬の旅 (その1)

テーマ:旅日記
「概要」の記事でも書きましたが、個人的な旅のツボがいくつかありまして、その代表的なものが「夜汽車」「雪景色」「温泉」です。

これらを組み合わせた旅をするのが大好きで、冬になるとどうしても北東北に足が向かいます。というわけで、今回の旅も夜汽車に乗って出発です。



乗車したのは、寝台特急「あけぼの」です。

昨年末の紅白歌合戦のトリは石川さゆりの「津軽海峡冬景色」でしたが、今や「上野発の夜行列車」は僅かしかなく、そのうち青森行きの列車となると、この「あけぼの」ただ1本だけです。時代の変化を少し寂しく思いながら乗り込みます。

今回は、奮発してA個室寝台車の「シングルデラックス」を利用してみました。

シングルデラックス


個室内には洗面台やテレビも設備されています。(残念ながら、テレビのサービスは終了してしまったようです。)

シングルデラックス 洗面台

シングルデラックス テレビ


ベッドの寝心地も良く、枕の位置から窓を見上げたとき、星空が大変美しくて印象的でした。これも夜汽車ならではの楽しみといえるのではないでしょうか。

北東北冬の旅 (概要)

テーマ:旅日記
成人の日の3連休を利用して、北東北に出かけてきました。
旅先からケータイを使ってある程度ご紹介してきましたが、ここで改めて紹介させていただきます。

雪景色に温泉の組み合わせがツボのせいか、ここ数年、毎年この時期に北東北に出かけています。
今回は以下のような行程で出かけてきました。

1日目
自宅 - 大宮 - (特急あけぼの) - 車中泊

2日目
- (特急あけぼの) - 青森 - (バス) - 三内温泉 - (バス) - 青森 - (送迎バス) - 酸ヶ湯温泉泊

3日目
酸ヶ湯温泉 - (送迎バス) - 青森 - (奥羽本線) - 弘前 - (バス) - 百沢温泉 - (バス) - 嶽温泉泊

4日目
嶽温泉 - (バス) - 弘前 - (五能線) - 五所川原 - (津軽鉄道) - 金木 - 津軽三味線会館 - 斜陽館 - 金木 - (津軽鉄道ストーブ列車) - 五所川原 - (バス) - 新青森 - (東北新幹線) - 新花巻 - (送迎バス) - 大沢温泉泊

5日目
大沢温泉 - (送迎バス) - 花巻 - (バス) - 台温泉 - (バス) - 花巻 - (バス) - 宮沢賢治記念館 - (バス) - 花巻 - (東北本線) - 盛岡 - (東北新幹線) - 大宮 - 自宅

テーマ:その他

埼玉では、珍しく雪が積もっています。関東は雪に弱いので、明日の通勤はちょっとたいへんそうです。

高知へ その3

テーマ:旅日記
腹ごしらえの後は、バスで桂浜方面を目指します。まずは坂本龍馬記念館に立ち寄りました。記念館の資料を見ながら龍馬の軌跡をたどりましたが、龍馬伝のにこみまーめーのフレーズが頭から離れませんでした。(笑)
坂本龍馬記念館


記念館の後は、有名な龍馬像の前で記念撮影。
龍馬像1


この日は脇にやぐらが立ててあり、龍馬像を間近から見ることができました。
かなり迫力があります。
龍馬像2


最後は桂浜でしばらくの間まったりと過ごしました。
出張中の日帰り旅行でしたが、なかなか新鮮でした。
桂浜



1  |  2  |  3    次>    

プロフィール

鉄五郎

情報システム部

ぬかびらユースの情報システム部長(?)に任命されています。
北海道や東北の温泉が好きで、よく出かけています。

都道府県
埼玉県

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック