1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

地域学学習活動活性化支援セミナー 参加中

テーマ:ボランティア~未来のために
半年ぶりの書き込みです。

来年春までの期間限定の職で、広義の意味での地域福祉の職である、地域支援員の仕事を見つけて、毎日まちづくりセンターさんや
町内会のみなさんのお手伝いをしています。

かみしほろんへの書き込みをしなければと思いつつ、なかなか書き込みをする時間がとれませんでした。

きのう、今日と北海道生涯学習主催の「平成23年度 地域学学習活動活性化支援セミナー
地域の学びの作り方~防災を題材とした学びを中心に~」に参加して、同じ班に、上士幌町の教育委員会の"あっ!表情がグッチ裕三さんだ!”と思わず叫びそうなぐらいそっくりなかたと同席して、これは”かみしほろんが、書かない私に、書け!と、諜報員を送り込んだに違いない(そんなバカな・笑)”と思ったしだいなのです。

かみしほろん、恐るべし。(爆)

これからできるだけ書きますので、どうかお許しを。

それにしても、今回の地域学学習活動活性化支援セミナーは大変興味深く、おもしろいです。

勉強になります。
参加してよかったなと。

さて、午後の講座の開始です。

午後の講座は、”災害からの教訓をこれからの防災活動に活かす” です。
4

カンボジアの学校が水没でパソコンが使用不能に

テーマ:ボランティア~未来のために
数年前から、カンボジアにある学校にパソコン教室を作ろうとボランティアで協力しています。

勤めていたことは、その会社でパソコンが更新になるたびに、スペック落ちしたパソコンをいただいて、カンボジアへハンドキャリー(送ると関税が高くて無理なので、ハンドキャリーが前提です)する方に託し、一台一台と整備して、すべて液晶モニター(この方が、ハンドキャリーにとっては軽くて、さらに現地では日本よりはるかに高い電気代がかからない)でパソコン教室を整備、さらに、薄給の先生を支援し、子供たちに勉強をする機会を増やすために、先生の副業としてのインターネットカフェ用のパソコンも整備。と、いろいろやってきました。

といっても、私は、現地を訪れることはなく、北海道でパソコンの調達に力を貸すのがせいぜいでしたが。

それでも、なんだかんだと、100台近いパソコンを確保し、キャリーと設置の担当者がほぼすべてを届け終えた矢先に、パソコンがほとんど水没するという、緊急事態に遭遇してしまいました。

以下は現地から連絡を受けた、設置担当者からのメールです。

----ここから引用----

いつもカンボジアにご支援頂きまして現地の学校スタッフに代わりまして深くお礼申し上げます。
という固いご挨拶が終わったところで、、、

実は、支援しているカンボジアコッコン州の学校ですが、現地時間4月23日午後6時すぎに、水害に遭い床上浸水してしまい教室や先生の生活費(注・先生の給料だけでは生活できないほど、給料が安いため、授業が無い時間に学校に併設して、一般向けにパソコンをインターネットカフェとして開放し、給料の不足分を補っている)を捻出している事業のインターネットカフェにあるPCなど、ほとんどが水没してしまい危機的な状態になってしまいました。

カンボジアのパソコン教室

この写真を見て頂くとわかりますが、教室には16台のPC(日本の企業様から寄贈いただいた、再利用のHITACHI製パソコン)が設置されておりまして、机をの下に本体はレンガの上に置き使っていましたが、ここに床上約30cmの浸水があり、全部のPCが水没し使用不能になってしまいました。

写真の壁の裏側は、先にご説明した、先生の生活費を捻出するためのインターネットカフェがあり、ここにも約12台程度のPCが設置されていますが、設置方法が同様ですべて水没し、合計で約30台程度のPCが壊れてしまいました。
幸いLCDなどは机の上なので被害を免れています。
水害は5分程度の短い時間で襲来し、PCを避難させることが不可能だったとのことです。

皆様にお願いです。このPC学校の復旧のためのパソコンを探しています。PCを廃棄するなどの情報がありましたらどうかご連絡をお願いいたします。
また、メモリーや部品などPC関連物資のご支援もよろしくお願いいたします。

要求スペックですが、CPUはP4以上でメモリーは512M以上を求めています。しかし、これ以下のPCでも、2台を1台に部品をまとめるなどして活用いたします。
台数がまとまっていましたら、遠方でもお引き取りにお伺いします。

よろしくお願いいたします。


----引用ここまで----

これは何とかしなければと思いました。
もし、このブログを読まれて、自宅や、会社に使っていないパソコンがあるよ。
というかたお見えになりましたら是非ご連絡をください。
不要パソコンのスペックが分からないという方は、ご相談ください。
ここに書かれている必要なパソコンの性能は、おおよそなのですが、
・WINDOWS-XPが動いていた
・2003年以降に購入したパソコン
・ハンドキャリーをする関係で、出来れば、小型のパソコンかノートパソコンだと一度にたくさん運べて嬉しいです。
といったところです。
壊れていてもかまいません。パソコンは複数台集まれば部品取りして、一台に再生が可能な場合があります。
日本では使い物にならなくなったパソコンが、現地で第二の人生を送ることができるようになります。
また、現地の子供たちが、未来を切り開くための、頼もしい道具となります。
リサイクル法の関係で企業様のパソコンは難しいかもしれません。
また、完全ボランティアなので、修理集積地(北海道室蘭)までの送料もお願いせねばならないかもしれません。
それでも関心いただけた方は下記までご連絡ください。
カンボジアパソコン支援メールアドレス・スパム対策で画像にしてあります

スパム対策で画像にしてあります。

よろしくお願いいたします。

2

介護職員基礎研修修了

テーマ:ボランティア~未来のために
昨年9月15日に受講が始まった介護職員基礎研修無事修了しました。
終了証明書
半年は早かった。

最後に学校側の処理問題でドタバタがあり、受講している講座を再受講しなけれればならなくなり、
予定より二日遅れの認証となったのはなんとも空虚な体験でした。

それにしても、あっという間に過ぎた半年間に学んだことは非常に多く、
終末ケアの重要性や
終末ケアの授業
死の受容といった人間の本質にかかわる内容もあり
死の受容について
色々と考えることができる時間を得ることができました。


最後の一カ月はほぼ毎日介護施設や事業所に伺っての実習。
グループホームでの認知症の利用者様を支え、訪問介護で生活を、デイサービスで皆さんの生きがいを作ろうとする職員の方々、介護現場で働く皆さんは低賃金重労働の中で一生懸命頑張っているその気持ちが痛いほどわかりました。

そして、利用者様主体の介護を身に付けることの重要性を学ぶことができました。
また、それができていない事業所や施設の多いことも、色々な介護現場に散って実習を行った同じクラスの仲間からの話から、まだまだ残念な、十余年前の介護保険法開始以前の”措置”と言われた、利用者本位ではない時代そのままの介護現場が存在していることも、いま、また国が財政破綻に近い状態に陥っているために、年金とも違う”保険”という、国民との契約の元集金されている介護保険の内容が五年毎の見直しの度にご契約者の承認(我々です)のなく、改悪されていこうとしていることも理解しました。

こういった状況を何とかしなければ、あと数年で、大変なことが起きることは間違いありません。

今後介護、福祉に関係した仕事を身体の続く限り行っていきたいと思っている私です。
これからも毎日勉強です。

皆さまよろしくお願い申し上げます。


7

介護職員基礎研修 実習の第一段階終了

テーマ:ボランティア~未来のために
本日第一次実習の“グループホーム“研修10日間が終了しました。

たくさんの気づきと良い勉強になりました。

ホーム長のお話では、今までいろいろな研修生を受け入れてきたそうですが、
”ここまで内容の濃い研修を行った研修生は今までいなかった、よく頑張ったね”
とほめていただくことができました。
質問があれば、いつでも電話くださいねとお言葉と、また遊びに来てくださいの
言葉に、感謝感謝です。

1ユニット9名の個性豊かな利用者の皆さまとお別れするのがとても寂しく、また、
実際にお別れを言うのも許されていませんでしたので、遠くからそっと目礼をして
皆さまとお別れしました。

ちょっと涙が出ました。

写真は今日のランチの卵どんぶり、ささみと水菜のごま風味、キツネ汁。
今日のランチ

利用者さんと同じ中身です。
今日のランチは私が作りました。
10日間の研修中4日は調理実習を兼ねて職員の方のご指導のもと作りました。
献立表と食材から味を想像し、利用者さんの食べやすい食事を作る。
これも良い経験でした。


明日からは、”ディサービス”の研修3日間、に移ります。
2

介護現場の実習

テーマ:ボランティア~未来のために
昨日から今月末まで介護現場の実習です。

17日までは、グループホームさんに伺っての研修。


色々と気づきがあり、とてもよい勉強になります。

ここの所ばたばたしていてなかなか更新ができませんが、がんばってます。


声援と・・・できれば、お仕事を(笑)ください。
2

勉強六十五日目 財布を拾い、お裁縫をする

テーマ:ボランティア~未来のために
今日は朝からよい天気。
ここ数日雪ばかりだったので…といっても周りはスキーヤーあこがれのパウダースノーに囲まれているのだけど…今日の青空はかなり嬉しい。


でも、雪の朝は市電の時間が不安定、なので、早めに学校に向かう。
市電の窓から近所の交番を見ると、いつもの雪だるま・交番くんが今年も復活している。帰りに挨拶に行こうと。


やはり少し市電の進行が遅い。思っていたより5分遅く終点の西四丁目に着。
西4丁目終点
足元に焼き鳥パーティをやったかの用に串が散乱している。
これは焼き鳥ではなくて、ササラ電車のササラのなれの果てなのだけどね。
1M四方に10本ぐらいずつ落ちている。
かなりの大パーティだったのだなあ。御苦労さま。

5分遅くなったといってもいつもよりは早い時間のなので、いつもと違う道、南1条通をのんびり学校に向かって歩く。
西4丁目
キンと冷えた空気が気持ち良い。
途中で電光板がマイナス5.7度を表示している。
気持ち良い寒さ。
古い薬屋さん
昔ながらの薬屋さんの前を過ぎ、創成川の手前まで来たところで、歩道に”ぽつん”と黒いものを見つける。
女性ものの財布だ。
財布を拾う
近くのビルのガードマンさんに見せると、自分で警察に届なさいとのこと。
学校の始まる時間が気になりつつ、最寄りの、テレビ塔下の交番に財布を届けに行く。
警察に入るなり、”権利を放棄しますか?”と聞かれたので、”落とし主が表れて、お気持ちがあれば喜んで”と答える。だって、中身わからないものね(爆)

中身は現金2万円余りと銀行のカード、保険証、クレジクトカードなどなどなど。危ないなあ。

お巡りさんに拾った場所、時間状況などを話をし、ピンク色の拾得証明書をもらい届け出終了。
あっ!時計を見ると38分。
学校が始まってしまう。

学校に急ぎ、部屋に入ると42分すでに先生が見えていて、点呼直前。

遅刻・・・なのだそうだ。 事情を話すと先生は、それは良いことをしたのですけど・・・と、難しい顔。(結局認めてもらえました。ほっ。)

今日の授業は、”生活支援と家事援助技術”そして今日は大切な家事援助技術である、”お裁縫”のお勉強。

介護職を目指すもの、お針仕事ができなくてはなりません。

2時間ほどの生活環境、住宅、被服の話の後、実技に入ります。

まずは、リボンにスナップを付ける手馴らしから。
スナップの位置を考えないと、リボンが・・・メビウスの輪になってしまいます。
手に針を指すもの(私だ)、出血をするもの(これも私だ)メビウスの輪に縫うもの(これは私ではない)などばたばた。たった二つのスナップを縫うのに1時間ほどかかる(汗)

お昼の後、今日のメインイベントの雑巾を縫う作業。ノルマは一人二枚。
みんな一斉に縫い始める。1時間半ほどかけて1枚目完成。
雑巾1枚目
縫い目ボロボロ・・・。

気をとりなして二枚目に。
今度は40分ほどで、なかなかの出来。
雑巾二枚目
この日縫い上がられた雑巾は全部で60枚ほど。
みんな思い思いに刺繍なんかもしたりして、雑巾とは思えない作品も。

この雑巾は介護施設、グループホームで使っていただけるとのこと。
それも楽し、ですね。

学校終了後冬眠中の自転車を横目に新雪の音を踏みしめつつ
自転車冬眠中
帰宅の道へ。
テレビ塔にかかる、月、木星がとてもきれい。
月とテレビ塔

テレビ塔の真下では、スケートリンクの造成工事が着々と進んでいる。
月末には子供たちの歓声が聞こえるのだろうな。
スケート場準備中

西4丁目まで歩いてくると、自衛隊のトラックが縦列で走り去っていく。
“クーデター!”などと、焦るまでもなく、雪まつりの雪像製作に出動してくださっている、自衛隊の皆さん。
自衛隊さん
本当にご苦労様です。

西4丁目ではいつもの様子。
四丁目終点
電停の風景
この終点は好きだなあ。

そして自宅近くの交番で、雪だるま・交番くんにご挨拶。
交番くん3
交番くん2
交番くん1
毎年同じ姿を見せてくれる交番くん。
冬の安全は任せたよ。
これが2009年版
交番くん2009
こちらが2010年版
交番くん2010
わたしは2009年版の面長が好きだなあ。




1

勉強六十四日目 大雪と七草粥

テーマ:ボランティア~未来のために
大雪に慣れている北国でもさすがにこの大雪には参ったね。
昨日(6日)は学校が休みだったので、カンボジアにボランティア機材のパソコンを運ぶ仲間を
ボランティア物資輸送隊
千歳空港まで機材とともに搬送したのだけど、・・・。

札幌市内は一時10Mの先が見えないほどの煙幕のような雪。
車で走っていて怖いこと怖いこと。信号も見辛いし、路駐の車が突然雪の中から湧き出してきて、本当に、おっかなびっくりの運転。

そんな中に、その雪の中を自転車で走っている人なんかもいたりして、
吹雪の自転車
本当に怖い。

もっとも6日は雪が激しかったのは札幌市内以北のみ。千歳空港はよい天気でした。
そんな豪雪の中、途中の公園で見かけた、新雪に木漏れ日は綺麗だった。
新雪に木漏れ日

豪雪で心配だったのは6日が今年初日に当たるパソコンサークルの皆さんの様子。お一人がケガでお休みとのご連絡はいただいたのだけど、後のメンバーの皆さんが果たして・・・。心配をよそに皆さん全員出席。
素晴らしいなあ。今年もよろしくお願いします。


さて、勉強六十四日目の七日は今年最初の試験の日。
内容は”生活支援のためのアセスメントと計画”本当は私が一番生活支援を求めているかもしれないなと思いつつ、最終の講義を受ける。
講師が”前に約束した通り、今日は実際の様子をビデオを見ていただくつもりだったのですが、音が出ないので講義に切り替えます。学校の機材管理の方でも音が鳴りませんでした。”の一言に、受講生からは残念の声。1時間目を終えた放課に機器の確認。単にケーブルがあっていないだけとわかったので2時間目が始まるときに”ケーブルを改造してよろしければ音を鳴らせますが”と話をし、許可をいただき、ケーブルを改造。
見事音が出て、講師は唖然と感謝の言葉。
その後テスト開始の直前までビデオでの学習となる。

ビデオの内容は、ケアマネージャーに介護の相談連絡が入って、その後のアセスメント、居宅介護実施、モニタリングに至る一連の流れを実際の要介護者の方の様子を紹介しながら行うという、非常に現実的なもの。ビデオ制作が10年近く前なので、介護保険というものが利用者に厳しく運用されてしまっている今の現実とは少し離れていると思われるのだけど、色々と参考になる。

ビデオを観終わったあとテストの事前学習を30分ほど、10分休憩。
外を見ると、相変わらず雪が激しく、
普段は車が並ばない道に車が詰まっている。
外を眺めて内に、学校の窓ガラスにひびが入っているのを見つける。
話を聞くと、昨日の吹雪の時に突然ひびが入ったとのこと。
強風と雪、建てつけのゆがみなどが重なったのだと思うのだけど、吹雪でガラスが割れるなって、ドラマの中のことがけかと思っていた私にとってかなりの驚き。ビル自身が古いのと安普請のせいかなあ・・・。

そして、試験60分。迷うところあるものの、40分程ですべて回答終了。
見直して、提出。”ほっ”
6時間目はテストの問題を通しての学科復習。
ドキドキしながら自己採点もおこなう。文章問題で、表現が今一つのところがあるものの、基本的には大丈夫かなと。再び、”ほっ”

学校が終わって帰宅時。地下通路を通ると雪に降られずに帰ることができるのだけど、吹雪地上を歩くことに。息が詰まる地下より、地上の方が好き。

歩道には40センチほどの積雪、色々なものがすっかり雪に埋もれている。
放置自転車も雪に埋もれる
”放置自転車”

雪に埋もれた立たされ坊主
”立たれさ坊主”

たぬきさん
”たぬきさん”
見上げるテレビ塔はスポットライトと雪の関係でジェット噴射をしながら飛び上がっていきそうな雰囲気。
テレビ塔噴射中
こういうの好きだなあ。

丸井今井のところまで歩き、地下に潜る。
デパ地下で七草粥の材料を購入。
春の七草
三浦半島から春を運んでくれたのだなあ。

そのまま地下を歩き、三越のパン屋さんで、薩摩芋入りジャンボフランスパンを購入。
ジャンボフランスパン
このジャンボフランスパン、素地、鶯豆、サツマイモ、チーズ入りの各種(札幌駅前まで行くとベーコン入りもある)があるのだけど、時間限定の売り切れ御免。どれもおいしくて、お得ですきなのですよね。
時間が合えば、必ずと言っていいほど校中してしまいます。

レジに並ぶ途中でかわいいもの発見。
かわいい干支アンパン
写真のみゲット(笑)

地上に上がると雪一段と激しく、
雪煙る街中
いつもは見通しがきくススキノの交差点が雪に隠れて見えない。
吹雪の中小走りに
道歩く人も背を丸め足早に交差点を渡っていく。

電停につくとちょうど市電が出発したところ。並んで待つが、全然電車が来ない。
臨時の駅員も来ない電車を待つ
”降雪のため電車の到着が遅れご迷惑をおかけしています”と繰り返し放送が入る。

ようやく電車が到着、2台続けてきたので、後に来た方が先に折り返し出発することに、運転席すぐ後ろの座席に着席。電車に乗ると一安心。も、束の間、途中の電停で停車中に”積雪のため、停電発生。現在送電停止、全車両は状況確認終了まで停車するように””信号も停止しています”と無線で入電。そのまま電停でしばらく停車。幸い大したことはなかったようで、ほどなく発車。しかし本当にすごい雪だなあ。


無事自宅近くの電停に到着。電車を降りるとやはり吹雪。
遠くを見ると、黄色い警告ランプが走ってくるのが見える。
”あ!”

大量の雪を巻き上げながら、ササラ電車が走ってくる。

ササラ電車大好きな私はしばし見とれる。
するとその意を解したか、先の電停でササラ電車はスイッチバック。
再び私の前を轟音を発しながら通り過ぎてゆく。


かなりラッキーな気分。

自宅に戻ると即座に七草がゆの準備。
コメ2合ほどでおかゆを炊くこと30分、別に茹で微塵に切った、せり、なずな、すずな、すずしろ、ほとけのざ、ごぎょう、はこべらを混ぜ、塩と香り付けの醤油を少々。七草粥のできあがり。

七草粥
美味しく晩御飯にいただきました。

ごちそうさまでした。
はやく私にも春来ないかな・・・。と、独り言。

0

勉強六十三日目 入浴介助はたいへん

テーマ:ボランティア~未来のために
まだ正月気分が抜けない朝。

起きるのがつらいわ。

今日も市電で学校へ。

例によって大通公園を散策する。

昨日見つけた立たされ坊主の兄弟分を発見。
この兄弟分かなり悪いことしたようで、昨日のには見られなかった、警察の名前の入ったコーンに向かって頭を下げている。
立たされ坊主2
困ったねぇ。

さらに、通風口でテニスをした証拠物件を発見。
通風口でのテニス結果は?
ちゃんと決着は付いたのかは不明。


色々と空想を張り巡らしているうちに無事学校に着。
”介護におけるコミュニケーションと介護技術”
講義の後、入浴介助と脚浴について実際に介助を行う。
入浴介助の際は色々な危険が利用者さんに考えられる、その危険を皆で考えいかに危険が少ない介助ができるかを話し合う。
とてもよい経験ができました。

今回は着衣のままの模擬介助なのだけど、実際には利用者さんが”裸”であることを考えると、もっと慎重に、もっと利用者さんの方に向かいあわねばとちょっと考えてしまいました。


明日は、学校お休みです。色々とやることがたくさんあって、忙しい一日になりそうです。
散髪にも生きたいなあ・・・。無理かなあ・・・。
1

勉強六十二日目 初めに食ありき

テーマ:ボランティア~未来のために
正月四日。なのだけど、今日から学校開始。

いつものようにお弁当におにぎり2個持って、
いつもの時間に市電に乗って、
いつものように街を歩いて、
学校に向かうが、・・・。

街の中はなんとなく閑散としている。

雪が少し降って歩きやすくなった大通公園を歩いて学校に向かう。

すぐ目に付いたのは、この看板
イルミネーション撤去中
クリスマス~新年の札幌を美しく飾った、ホワイトイルミネーションの撤去作業の真っ最中。
昨年綺麗光り輝いた、あのスズランも
スズラン
こんな感じに解体中
スズランも分解

なんかさびしいよね。
もう雪まつりの準備が始まっているからしょうがないといえばしょうがないのだけど・・・。ね。

さてっ、と学校に向かおうとしたら、頭を下げた立たされ坊主を発見。
立たされて、ごめんなさい
冬の間ずっとだから、かなりのお仕置きなのだろうな。


学校の授業は“生活支援と家事援助技術”
内容は今月中旬に控えた調理実習の説明と、班編成、調理内容の打ち合わせなどをおこなう。すべての班調理内容が決まり、それぞれが発表し・・・。
歳の初めに食ありき。楽しみな年初めの授業となりました。
来週は介護技術としての裁縫を行うとのこと。

裁縫は苦手なのだけど、これも楽しみです。

0

学校六十一日目と最悪な年越し

テーマ:ボランティア~未来のために
28日学校終了。
試験も全問正解(見込み)で勉強六十一日目も無事終了。
その足で介護関係の異業種忘年会で鍋奉行。
鍋奉行を仰せつかる
手巻きずしもおいしくて、
美味手巻きずし
会話も弾み
楽しい会話
楽しくお話3時間余り。
認知症の方への音楽療法などの話をうかがう。
脳障害をお持ちの方が、一緒に歌を歌う療法を繰り返しているうちに、突然言葉を発し、少しずつ表情も生まれてきたといったお話や、リハビリとしての誰でも知っているじゃんけん、そしてそれを発展させた顔じゃんけんなどのお話をうかがう。

29日は仲間内の忘年会。
たこ焼き屋の店主で4時間余りの間に300個ぐらいたこ焼きを焼く。

当然かっぱ寿司さんの
かっぱずしさんの職人技
美味しいお寿司もたらふくいただき大満足。
美味しいお寿司

途中で体調が今一つになってきて・・・。
なんだか熱っぽいね・・・。
アクエリアスを飲んで、常備しているロキソニンを解熱剤として飲用。

自宅に戻るとダウン状態。風邪薬を飲んで寝込む。

30日もずーっと寝ている。
途中ちょっとだけメールを見るが熱が下がらないのでぼ~~っ。
夕方からおせち用の食材を近くのスーパーに買い出し。
鶏肉高いなあ。
数の子が半額で売っていてラッキー。
お節を作るような気分ではないのだけれど、楽しみにしている子供を考えると、最低限は作らなければと思って、ロキソニンを飲んで踏ん張る。
鶏肉ロールを作り、その時点でダウン。

31日すごい寝汗で目が覚める。汗で身体がぞくぞくする。
昨日もお風呂に入れなかったので、まずは身体をきれいにし、温まりたかったのでお風呂にお湯をためて汗をかくまでゆっくりつかる。
少し気分が良くなったので、朝ごはんを食べ、おせちに二点目の鶏つくね団子のうま味を作る。この鶏団子は母の手伝いをしていたころからもう40年も作り続けているもの。子供たちの二番人気のお節。


お昼を食べて、しばらく寝る。だるくて目を開けていられない。

午後起きだして、お節三点目。子供たちの一番人気“芋栗きんとん”を作る。
一昨年は管理が悪くて醸してしまったので、今年は細心の注意をはかりながら慎重にかつ手早く作る。

これがないと子供たちは機嫌が悪い。

仕上げに鍋で再加熱。クチナシのもどし汁で黄色を鮮やかにし、砂糖とお塩で味を微調整。無事おいしく出来上がり、OK。

片付けをしているうちにめまいがして、ソファーに倒れこむ。


気がつくと紅白が始まっている。

年越し蕎麦を夕食にこれで一年終わりか。

この二日死んでいたのがもったいない。
ずっと前から頼まれていたホームページの仕上げなど、
やりたかった仕事合ったのに・・・。

でも、今も頭痛ガンガンで、ものを考えられない状況。

あああ、こんな年越し嫌だなあ。

来年こそ立ち直りの一年にしたいのだけど。


皆さま今年もお世話になりました。

来年こそ笑える歳にしたいと思います。

皆さまの招福笑福を祈りつつ。
よろしくお願いいたします。
1
1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2018年05月      >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

nigaonaruto

FAT'N

名古屋から移住してきた札幌在住の自由人です。愛称はFAT'N(ふぁっとん)。別名、サッポロのらーめん大好きな、たこ焼きおじさん。

現在は福祉系のお仕事をしています。
いろいろと気に病むことはあるけれど、やまのようにどっしり構えたこころで、人生を送りたいと願っています。

夢は、いつか、自然豊かな、上士幌に遊びに行きた~~~~~い!

性別
男性

このブログの読者

読者になる
読者数:4人

お気に入りブログ

最近のトラックバック