1  |  2    次>    

勉強九日目

テーマ:ボランティア~未来のために
すっきり青空は気持ち良いなあ。
いつもより10分早めに家を出て、のんびり自転車をこぎながら、秋の空を愛でる。
プリンスホテル新館
本当に気持ち良い。


今日の授業も、”生活支援の理念と介護における尊厳の理解”。
講師は貝塚誠一郎さんの集中講義の三日目。

だんだんこの授業が面白くなってきた。

今日は”QOL”は何か、”ICF”についての考察。

6時間の講義があっという間。

6限目に”ICF”に関連したグループミーティング。
そこで出た解に貝塚先生から、レッテルを張っていませんか?
いわく”障害者は楽な格好がよい”
いわく”年寄りは・・・”
いわく”認知症は・・・”

先入観を持って介護、介助を行ってはなりません。
レッテルを張るということは”ノーマライゼーション”の理念が欠如してしまっていることになりますよ。

介護、介助する側が良かれと思っていても、それが本当に介護される方の意志といえますか?

この投げかけは効きました。



授業終了後事務局と打ち合わせ。
ちょっと複雑な話。
問題は厚生労働省の馬鹿な縦割り行政。
役人の石頭は何とかならないものか、公共サービスという観点が欠如した対応にかなり怒り。

事務局と打ち合わせして学校を出るとすでに真っ暗。
日が暮れるのが早くなったなあ。

帰りに三越によって18:30限定販売の焼き立てチーズ入りジャンボフランスパンをゲット。
これで明日のお昼は安心だ。

あすはどんな知的冒険が待っているかなあ。
たのしみ。
0

勉強八日目

テーマ:ボランティア~未来のために
お天気が悪くなる。そんな天気予報をちらちら見ながら、学校への通学方法を考える。

自転車だと快適に20分以内で着く。
これが市電と徒歩だと50分ぐらい見ておかないと危ない。

この30分の差は大きい。それに市電は往復で340円かかる。
お財布は軽いし、雪が降る前は出来るだけ使いたくないな・・・。

お天気情報だと、降水確率は午前50%午後6時まで70%これは確実に雨ということ。

では、雨降る前に学校に入りましょうと、自転車で急ぐ。
鞄には鞄を雨から守る、大きな漬物袋(厚手のビニール袋)と
防水のジャンバー。を詰め込む。


学校まではぬれずに到着。

今日の授業は昨日に続いて、”生活支援の理念と介護における尊厳の理解”
講師は貝塚誠一郎さん。

今日もいろいろ興味あるお話を伺う。

今日の一番の収穫はノーマライゼーションについてのここ10年の解釈の変遷についてのお話。

10年前まではノーマライゼーションは”普通に生活を営む権利”と日本では解されてきた。普通に営む素敵じゃない!と思うかもしれないけれど、日本のお役人にとって普通に生活を営むということは憲法25条の生存権に基づく解釈になる。ということは、

1.すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2.国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

ということは普通ということは普通ではなく、最低限度の生活を営む権利だったということ、これが介護的には”措置”という行政の対応となり、個人の理由など一切お構いのない、いいから他悪いけれど、刑務所みたいに、または、画一化された集団生活としての介護しか存在ない日本となっていた元凶となっていた。

それが、介護保険を機に、ノーマライゼーションは”自分らしい生活を営む権利”と解されるようになり、今までの25条生存権から、13条にある、幸福追求権”すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。”と変化する。

全然違うよね。刑務所とホテルぐらいの差がある。

介護を受ける側はもっと自分の希望を述べていいのだよねと。納得。

勉強は楽しい。

でも、今日も睡魔に負けてしまった。
先生ごめんなさい。

明日はきちっと勉強します。

午後5時半

帰ろうと外に出る。
土砂降りの雨。

鞄をビニール袋に入れて完全防水。
自分は防水のジャンバーを着て、自転車をこぎ始める。

途中車に突っ込まれて車と自転車が当たる。
歩道を駐車場代わりに使う会社の社員。頭に来るけど、これ以上雨に濡れるのが嫌なのでひとしきり小言を言いその場を去る。
それにしてもね、程度低いね。

雨を避け狸小路を1~7丁目移動。ここはアーケードあるからうれしい。

6丁目で中国からの団体旅行者がお土産屋さんからあふれ、歩道を埋め尽くし、道をふさいでいるのを目撃。
他の歩行者や自転車のことなど気にしていない。
観光においでいただけるのは嬉しいのだけど、こういうところは嫌いだな。少しだけ謙虚な気持ちを持ってもらえると皆が笑えるのにね。
中華思想には反するけれどね。

40年ぐらい前、“農協の団体旅行”で世界を席巻した日本。バブルのことは”ジャパンマネー”で世界中を買い占めた日本。
今の中国を見ていると、それが同時に来ているのだなと思ってしまう。
日本政府よりは中国政府は巧みだけどね。

でも、いずれ、陽は沈むのだよ。いずれね。


自宅に戻ると、びしょぬれ、身体とかばんの中身はぬれなかったから、OKかな。
ちょっと寒かったけど、晩御飯は昨日から仕込んだボルシチ。
あったまっておいしくて幸せ。




さて、明日も学校。雨があがってくれますように。
0

勉強七日目

テーマ:ボランティア~未来のために
勉強七日目は月曜日。

週末ニセコで遊んで、日曜日は寝ずに今日から開講の講座テキスト作り。印刷もきれいに上がり。ほっ。

仮眠を1時間ほど取り、シャワーを浴び、今日から始まった、朝の連ドラの”てっぱん!”
(http://www9.nhk.or.jp/teppan/)
第一回を見て、一日に二度海に、制服のまま飛び込むのは大変だけど、目が覚めるよなあ。
などと訳のわからないことをつぶやきながら、コーヒーとトースト。
そういえば、夏服の白セーラーで海に飛び込むと、目のやり場に困るはずなのだけど、そういうことは無かったな。
やっぱり虚構なのだと、中年丸出しのことも考える。

富司(藤)純子さん素敵なおばあちゃんだなあ。安田成美さんお母さんだなあなどと思いながら、鉄板第一回終了。

ドラマの中でお好み焼き焼いていた、鉄板ほしい。
あれでジンギ焼いたら素敵だろうなあ。


とりあえず自転車で学校へ。
今日からの授業は、”生活支援の理念と介護における尊厳の理解”
関西から貝塚ケアサービス研究所所長の貝塚誠一郎さん。
http://www.kaizuka-csl.com/
パワフルで濃い内容のお話は、大変面白くぐいぐい引き寄せられる。

グループミーティングや発表など講座の内容も変化があり、飽きることがない。

午前中はあっという間に終わり。
心配された睡魔はやってこなかった。

昼休みに自転車に乗り急ぎ自宅へ。
パンをコーヒーで流し込み、学校へ持っていくコーヒーを淹れなおして
今度は自動車で学校へ。
学校近くの30分100円パーキングに車を押しこむ。
本当は車などでは学校に行きたくないのだけど、お手伝いを約束しているパソコン講座の時間に間に合うためには、学校が終わってからいったん家に帰る時間などなく、自腹を切って有料駐車場に車を止めるしかないと判断。

出費は痛いけど、約束は守らねばならない。
これがボランティアであっても最低限のラインだと思う。
でも、開講1時間前に集合を私のために20分前でもOKしてくれたのだから、これぐらいの自己努力は仕方ないかな。
これも勉強勉強。


午後の講座開始。
午前に増して濃い内容。
瞬間、気が飛んでしまい、寝てしまった。
先生には怒られなかったけれど、ひどく落ち込む。
駄目だな、私。

貝塚先生は月曜日~金曜日の30時間の集中講座。
こういう方のお話はなかなか聞く機会ないし、質問を思いついたらいろいろ伺いたい。明日からまた頑張ろう。

午後5時20分授業終了。30分に学校を飛び出し駐車場へ。
車を急ぎ走らせる。
パソコン講座会場には18時10分着。ほぼ予定通りで、ほっ。

会場に着くと、さっそく準備。
Rさんがほとんどの準備をしてくださっている。感謝感謝。
そして、大好きなY教授がご来場くださる。うれしいなあ。
ずいぶん白髪増えたなあ。

お願いしている他のお手伝い方、あとでわかったのだけど、体調が悪いとのことで欠席。
ホウレンソウの重要性を再認識。
でも、痛いな。


今回の講座は”パソコンの初歩”
12回の講座でパソコンの電源の入れ方、マウスの持ち方、文字入力、回覧板の作成、デジカメからの写真取り込み、インターネットとセキュリティまでを毎週ゆっくりとおはなしします。

今回も20人の定員が満員。うれしいなあ。
自己紹介から始め皆さんのお顔をゆっくりと覚える。
素敵な出会いがあるといいな。

今日はパソコンの電源入れ方切り方、マウスの持ち方をボタンの意味。
パソコンを使うときのお作法をお話しておわり。
あっという間の二時間。

片付けして、車に乗り込むと、どっと疲れが出てくる。
この疲れはさわやかな疲れ。

雨が降り出したなか、車を転がしながら、来週は何を話そうかなと考える。これも幸せな瞬間。

疲れがあっても、なかなか寝られず。午前二時過ぎにようやく落ちる・・・。
1

さっぽろオータムフェスタ DE 上士幌

テーマ:おいしいもの
いってきました。さっぽろオータムフェスタの上士幌町のブース。

最終日のぎりぎりに飛び込んで

上士幌ブース

最終日閉店前に特売になった十勝ハーブ牛のカツを美人のお姉さんに注文して

ハーブ牛

おいし~~~~くいただきました。

おいしいハーブ牛


本当に本当においしかったです。
もうひときれ食べたいなあ~~~と思いつつ会場を歩いていると、


大好きな、仙鳳趾(せんぽうし)のカキを発見。

思わずぷるぷるとほおばってしまいました。
超うま~~~~。

ちょっと浮気カキ

カキを食べて、もう一度、やっぱりハーブ牛!と、もどたっら、残念、売り切れでした。


残念。ざんねん。仙鳳趾に浮気してはいけなかったですね。


札幌で上士幌のおいしいものが食べることができただけで、幸せでした。

また、らいねん、(かな)楽しみにしています。

ごちそうさまでした。


1

勉強六日目

テーマ:ボランティア~未来のために
勉強六日目は24日の金曜日

朝から、風邪気味、今回の風邪つらくなったり、楽だったりを繰り返しながら、嫌に長引いている。いやだな。
薬を飲みたいけれど、飲むと眠たくなるので、我慢する。

内容は介護職員の倫理と職務。
この先生の、この内容を6時間丸一日聞いてもね~。
と受講生皆でつらいね。

教科書棒読み。アンダーライン引いてね。

質問には答えることができない。
つまりは、なんだかなあ。

勉強六日目は金曜日なので、学校が終わると急ぎ自転車で、中央区の地区センターへ。

今日はパソコンサークルの日。
会場に着くと皆様もう、ロビーで待って見える。

お話をしながら会場へ、お部屋の準備をして、雑談をしながら、パソコンの設置。

今日の内容はメールの三回目。
アウトルックを使ってのメール送受信。
アカウントは便利なグーグルさんを利用。

パソコンを立ち上げて、アウトルックに登録してあるアカウントを削除して、メールアカウントの設定をして・・・。
三回目ともなると、皆さん結構すいすい。

その間に私は皆さんにメールを配信。

上手く設定できた人から笑顔が。

これだからサークルは素敵。

メールをやり取りして、署名の作成をお話して、今日の講座は終わり。
皆さんが片付けした後で、今度は個別にパソコン相談。

今回はお二人が自宅のパソコンを持って見える。
一人の方に対応しているうちに、もう一人の方の相談は、サークルの皆さんがいろいろ話し合い。
三人いれば文殊の知恵の通り、皆さんで相談しながら解決をされていく。素敵だなあ。半年前には皆さん想像もしなかったろうに。


午後9時に終了。
自宅に戻り、月曜から予定されている別の講座のテキストを作る。
夕食後に飲んだ薬と一週間の疲れが出て、早めにダウン。

土日はニセコで楽しく温泉&お酒の予定なので、無理しないのだ。
0

踏んだり蹴ったりな日

テーマ:おどろいた話。
今日は踏んだり蹴ったりな日らしい。
しかも、“火”にかんけいすることばかり・・・。

先ほどは南蛮由来の地獄の業火に焼かれたが、

今度は、・・・。
家のシャワー用のボイラーが故障で点火せず、使えない状況に。

明日メーカー修理依頼かなぁ。

その前にとりあえず原因は予想がつくので、朝一番に部品外して
掃除 してみますけどね。

石油ボイラーは10年持てばよい方なのだろうか・・・。


色々苦しい時に、まさに踏んだり蹴ったり。

昨年暮れまでは家の向かいに銭湯があったので、いざとなれば
緊急避難と思っていたのだけど、閉めちゃったしね。


嫌んなっちゃいます。
0

油断して・・・地獄の業火に焼かれる。

テーマ:すきなもの

ちょっとうれしい、無農薬有機栽培の“激辛南蛮”を購入。
辛いもの大好きな私にとってはルンルンな気分。

家族は危険な目で私と“激辛南蛮”を見るので、当然自ら料理となる。
みじん切りにして、炒めて醤油と鰹節でを絡めて保存食に・・・と、思いつつ、
ぼ~~~っと、慣れた手つきでひたすらみじん切り。


おわった~と、まな板を洗い、包丁を片付けをして、眼鏡を直そうとした瞬間、
指についた水滴が両目にぽとん・・・。

”ぎゃ~~~~~~~~~~~”
激痛が目を襲い、熱く燃え、のたうちまわる。爆死状態。

それ見たことかと家族。

洗面所まで這って行き、激痛をこらえつつ、まず両手を石鹸でごしごし、顔をごしごし、
ようやく流水で目を洗う。
その間もだえ苦しむ地獄の業火が目を襲い続ける。時間にして約5分。

本当に死ぬかと思いました。

皆さんご注意を。


おかげで、南蛮のはおいしく調理出来ました。
冷凍庫に保管しながら少しずついただきます。

やれやれ・・・。

1

勉強五日目

テーマ:ボランティア~未来のために
あさ、いつものように6時半起床。

ちょっと曇りの天気。
肌寒い、風邪なかなか治らないのはこの寒さのせいかな。
テレビをつけ天気予報。

最高気温は20度以下。
秋だなあ。
今日の帰りは上着がいるな。

さて、学校へ行こうと思ったときに二女の中学から電話。
障がいの件かと焦るが、別件。
金曜の朝いちばんに学校へ行くことになる。ほっ。

学校へは9時10分出発。
BGMはクライバー&ウィーンフィルのシュトラウス・ワルツ。
朝のワルツは気持ちよくペダルも軽い。

学校には20分弱で到着。
出席簿に捺印し、履修票を提出

5分ほどで講義が始まる。

本日の内容は、”介護におけるコミュニケーションと介護技術”の楽しみな内容。期待を裏切らないでよ~~~と祈る気持ち。

講師はOさん。講義が始まると同じくして、部屋に備え付けの電気ポットの沸騰したとの合図の音楽(約10秒)がなり始めるが、鳴りやむのを待たずの電源を引っこ抜くという、思わず、”おお”と思う行動をとり、驚く。
わずか10秒が待てない講師さんって、しかも、”介護におけるコミュニケーションと介護技術”でしょ。要介護者とのコミュニケーションって、忍耐と努力と思うのだけど、ポットの10秒が待てないのに大丈夫かなと心配になる。

講義開始、結構テンポの良い話。
ご自身の色々な話をされる。札幌市内の精神科に勤務していた経験があるとのことで、太田病院かなと思い休み時間時調べると、10年ほど前の太田病院の資料にいくつか論文を共同で発表されているのを見つける。

本日の6時間の内容はもっぱらコミュニケーションに関して。
コミュニケーションの実際とバーバル、ノンバーバルのコミュニケーション論と手法など。
自らのコミュニケーションを高めるための演習にかなりの時間を費やして、わかりやすい内容。
心配が杞憂に終わってよかった。ほっ。

これからコミュニケーションに関して勉強していく上には、自らの心情の吐露も必要だと感じ、演習で用いられたジョハリの窓をはじめとする自らを見つめなおすコミュニケーション技術の基礎として、胸襟を開きさらけ出す。

自分は○○です。
自分はどう見られたいか。などなど。

ここまで自分をさらけ出したことは今までなかったことだろうと思う。

でも、今日は良く指名された。6時間で6回は今までになかった回数。
そのたびに自分の皮を一枚ずつはいでいかれている気分、が、はがされて、さらけ出すことにより、自分が安堵しているのがわかるのは不思議。というか、ちょっと気持ちよい。

同じ教室の方が、ボランティアしたいんだけどと相談に来る。
友人のジンジャーさんが主宰する、10月26日(火)の 19時~大人の料理教室(会場は札幌駅北のエルプラザ4階調理実習室)を進める。ちょっとうれしい。



一日の講義、非常に参考になりました。


帰り際に先生に挨拶。
お話すると、講義中とは別の色々わかることがあるのですよね。
建物から出て、自転車こぎ出すと寒い寒い。
鞄から上着を取り出し羽織る。
これからどんどん寒くなるんだなあ。

見上げると中秋の名月がきれい。

狸小路のHUGで少しだけ野菜を買う。
晩御飯に使おう。


自宅に戻って夕ご飯の準備。今日はチキンカツ。もも肉一枚をきれいに分けて6人分の一口チキンカツ、ニンジンとインゲンと玉ねぎの洋風かき揚げ、ピーマンなどの揚げ物と、サラダをつくり大皿に盛る。
みそ汁は玉ねぎとあげ、わかめの白味噌仕立て。
準備開始から食事終了まで1時間は上出来かな。

作るの1時間食べるの瞬間。皆よく食べるわ。

明日は一日お休み。
月曜からの講座のテキストの仕上げと印刷をしなければ。
二女が、母校の小学校で行われるお祭りに行きたいとも言っていたなあ。

ああ、忙しい、忙しい。

今日は徹夜かなぁ。風邪治らないかなあ。

0

勉強四日目

テーマ:ボランティア~未来のために
お勉強四日目。
昨日は夕方から雨で心配したけど、幸い朝には雨上がり、自転車で学校まで。

9時40分始業なのだけど、9時16分家を出て、9時33分には教室に入る。
自宅からは20分あれば楽勝な距離。中心街の移動が楽な、サッポロという町のこういうところが好き。

それにしても寒くなったなあ。今日から長袖です。

今日の講習内容は、高齢者および障がい者が活用する制度、サービスの理解(1)。

講師の方は、介護保険以前から要介護の施設などをいくつも渡り歩いた方のようで、経験は豊富なのだけど、お話がうまくなく、講義の内容もうまくまとまられていない。
勉強の初日に、職業人講話をされたのもこの方なのだけど、3時間の枠で2時間分しか内容を用意していないという、情けない講話の通りの授業を、今回もやっている。
しかも今回は6時間の講座なので・・・。

6時間のうち2時間分ほどは、受講生の質問で、その質問も真剣なものもあれば、明らかに講師をなめての取るに足らない内容のものも多くある。
取るに足らないものに関しては、これはその内容に来た時に詳しく説明しますと済ませばいいのに、講師自身が準備不足で話を始め、結果その時間が崩壊していく。
講師をナメテ質問しているあほは、その様子を笑っている。

溜息しか出ないよ。

こういうのによく似たやつが、前の会社にいた。
こそこそと動き回って、強い奴には弱く、弱い奴には強く
強い力を持つもには下手にでて、隙があると笑っていた。
そんなことを思い出した。


それにしても受講生のレベルの差は最悪とか言えない。
非常に真剣に勉強を志している方と一部のあほな奴らとの差が大きすぎる。
気分が悪いなあ。
これで希望者の半分はおとしたというのだから、もとのレベルを想像すると恐ろしい。


今日の勉強の内容は、介護保険を利用する場合の要件を勉強する入り口で結構重要な話が多いのだけど、こんな様子なので6時間費やしても30ページほどしか進めなかった。全5回+1の勉強会数で、あと300ページを超えるテキストを済ませることができるのかとても心配。

帰りにオータムフェスタへ、8丁目の上士幌町のブースによろうかなと思ったけど、4,5,丁目で人が多すぎて、大通から離れる。
残念。


明日の講座は、介護におけるコミュニケーションと介護技術
コミュニケーション技術には非常に興味があるところ、とても楽しみ。
0

勉強三日目、など。

テーマ:ボランティア~未来のために
お勉強三日目の今日は、なんだか波乱の予感。

朝寝坊して7時に起きる。
あと30分は早く起きるつもりだったのに・・・

がバット起きて、ザザッとシャワー浴びて、さささっとパンをコーヒーを流し込み、三月に一度の循環器内科の検診へ。
8時に病院イン。予約してあるのだけど、学校への遅刻は絶対許されないので、少しでも早く診察してもらわないとと受け付け開始の20分前に病院に到着して、ほっ。
受け付け開始後の診察順番は2番。ゲゲゲを我慢して自転車で猛ダッシュの努力してよかった(涙)

診察は8時50分 5分ほどお医者さんとお話する。
血液、尿ともに異常なし。
多少尿酸値が高めなのだけど、問題ないとのこと。

ほっ。
次回の予約を学校の休みの日に設定し、今日二度目のほっ。
薬はいつもの通りの量でOkとのことだったのだけど、頭痛薬が切れかけているので、ロキソニンをリクエスト。30日分90錠を処方してくださる。これが一番効くのでうれしい。

会計の書類を受け付け診療科受付で待つ。
この時間に終わるなら、薬局で薬の処方も受けれるなぁと、うれしいな。と、ほっ。
でも、いつもならすぐ出てくるのに10分待っても出ない。
時間がない時なのに、おかしいなと受け付けに聞こうとしたときに、すごく美人の看護婦さんがやってきて、“先生がお話したいことがあるそうです”と。
何だろうと、ドキドキ。
看護婦さんの後ろを歩いて診察室へ。
よく見ると、この看護婦さん。後姿だけしか見えないのだけど、スタイルも素敵。…余裕あるなあ、私。(爆)

再び診察室へ。
“良いCTが入りまして、心臓のCT撮りませんか?”
”はあ。構いませんが”ほっ。
”ちょうど父が、心筋梗塞をして倒れた年齢に達していますので、自分も気になっていたところです。”
”では撮りましょう”
学校の休みの日に予約を入れる。自分の心臓の映像ちょっと楽しみ。
機会があればこういう検査もうれしい。

再び受付へ、時刻は9時10分。やばい。学校遅刻するかも。

5分待ってまだ会計の呼び出しがないので、督促する。
さらに待たされて、先ほどの看護婦さんと違う方がCTに際する説明と薬を用意し渡してくれる(先ほどの人の方が美しかったなあ)。

書類をもらい急ぎ会計へ。時刻は9時20分。始業まであと20分しかない。
やばい、本当にやばい。
会計終了もなぜかもたつく。終了は9時28分。ああああああ。
あと12分で19丁分走り抜け、ビルの6階の教室に滑り込むことができるか!
しかも、背中にデイバッグ、方には夕方のボランティア用のパソコンやら機材やらが10KG ほどの重身な私。

駐輪場まで猛ダッシュ。

バイクのペダルを思いっきり漕ぎ始める。

大通15丁目30分
大通4丁目36分
テレビ塔下38分
東3丁目39分
ビルのエレベータが1階にある。ラッキ!
教室に飛び込むと先生はいない。

助かった。単位落とさずに済んだ。ほっ。

心臓爆爆、汗ダラダラ。
先生は5分遅刻でやってくる。をいをい。

今日の講座内容は”介護職員の倫理と義務”
今日は職業倫理に関して6時間。

基本的にはパソコンの世界のセキュリティと変わらないのね。

途中一番盛り上がったのが”準委任契約”のところ。
先生、(といってもこういった話の専門家ではないと思う)がはっきり説明しないので、結構いらいら。

質問したら、ググると最初に出てくる医者の話をそのまま借りて説明する。をいをいをい。それは無いだろう。このばあい、介護に関した形に話を整理して説明してくれないと、だれも理解できないよ~~~。

この先生、ここは質問したいなあといったところを、すっ。と、かわして次に進むことがしばしば。まあね、そんな状況がこの世界の講師の現状なのかもしれないなあ。と一人合点。(していいのか!)

眠りもせず(何人かは時折白河夜船だった・・・)なんとか本日の勉強を終了。
挨拶もそこそこに、急ぎバイクにまたがり、またしても猛ダッシュ。

中央区の地区センターでのパソコンサークルへ。なんとか6時少し前に着。

今日のお題は”電子メール”の3回目。

前回は無線LANが突然効かなくなって焦るが、今日は下調べで解決した対策をサークルで使っているパソコンにとると素直にネット動き出す。
今日5度目の。ほっ。

今日はお二人休みでさびしい。

メールに全般関してのお話をしながら、アウトルックでの、アカウント削除再登録メールの送受信、メールアドレスを打ち込む、送信などの基本操作を皆さんと一緒に行う。メールを送るときのマナー、機種(環境)依存文字、半角カタカナの使用禁止などのお話をする。
どうも皆さんメールアドレスを入力することが苦手らしい。
何かよい方法は無いものか。アウトルックのアドレス等の文字を入れるところが小さく、さらに慣れない半角英数字といったことが重なって、難しくしているのだと思われる。

8時半過ぎにサークル終了。
片付けして、9時ごろ退館。

自宅に戻り食事をしようとテレビをつけると、内閣総理大臣が記者会見を生で行っている、しばし話を聞くが、この人魅力ないなあ。
先の党首?代表?選の際に、”しょうがないから、菅に入れる”といった話をニュースで読んだけれど、そんな感じなんだろうな。
この先生活が良くなる予感がしないよ、この人では。
“有言実行内閣”なのだそうだ、せいぜいよろしくお願いしますよ。
看板倒れになると、“有言不実行内閣”となり、最低だからね。


やれやれこれで今週終り。

嵐のようなこ一週間でした。

お疲れさまでした。
1
1  |  2    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2010年09月      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

nigaonaruto

FAT'N

名古屋から移住してきた札幌在住の自由人です。愛称はFAT'N(ふぁっとん)。別名、サッポロのらーめん大好きな、たこ焼きおじさん。

現在は福祉系のお仕事をしています。
いろいろと気に病むことはあるけれど、やまのようにどっしり構えたこころで、人生を送りたいと願っています。

夢は、いつか、自然豊かな、上士幌に遊びに行きた~~~~~い!

性別
男性

このブログの読者

読者になる
読者数:4人

お気に入りブログ

最近のトラックバック