1  |  2  |  3    次>    

今年度最終のPTA

テーマ:素敵な人
昨夜は今年度最終のPTAの会議。

4月より供用開始の、新築なった高校の会議室で最終の委員会。

今回で配置転換になる先生もおみえになるのでなんとなく寂しい。

炊事遠足、学校祭、忘年会にプレゼン大会。皆さん愉しく協力しあいました。

新年度にまた会えるかどうかわからないけど、折角すばらしいチームワーク
が出来ているのだから、来年も愉しくやりたいなとみな口々に。

私も微力ながらお手伝いできればと思っています。

本当に、お疲れさまでした。
0

西條の美酒鍋

テーマ:おいしいもの
西條の美酒鍋。これが本当にうまいのです。

美酒鍋

小林酒造さんでいただいた、”西條の美酒鍋”のレシピは以下の通り。
一部個人的にこうしたほうがおいしいよねと思うことを追加しています。

主な材料(量はすべて適量でね)
肉類
鶏肉(モモ、ムネ、血肝、砂肝、はつ などなんでもOK)
豚肉(鶏肉だけでも良いのですが、豚のしょうが焼用の肉などあれば、
うまいような・・・)

野菜類(灰汁の出る野菜はだめです)
ニンジン(薄く短冊に切って下ゆでしておく)、もやし、しいたけ、ネギ、
ピーマン、茸類(なんでも)にんにく(おこのみで、にらなどでも)、白菜

にんにくは必須のようですが、これはスタミナ&食欲増進のようですの
で、にんにくに弱い方(私もそうなのですが)が見える場合には、ニラや
他の香草類で代用してもよいと思います。


その他
厚揚げ(普通の豆腐でも良いとは思うのですが、こわれるので厚揚げの
ほうがよいと思います)
こんにゃく(飴玉ぐらいの大きさに手でちぎって、味をしみ込ませやすくし
て、下ゆでしておく)

調味料
日本酒(何といっても北の錦!・高級酒でなくともかまいませんが、しっか
りとしたお酒がよいと思います。この日本酒の選択でこの鍋の味が決まり
ます。かといって大吟醸などの燗に弱いお酒ではだめです。)
塩、胡椒、サラダ油



さて、下ごしらえですが、肉、野菜はそれぞれ薄切りの短冊にします。
厚揚げは箸でさばいても壊れない程度の厚さで切りそろえておきます。
砂肝も薄切りにします。
肝についている、黄色い脂肪や血はきれいに取っておきます。
こんにゃくは先に書いた通り飴玉大で手ちぎりです。
肉類は塩コショウでした味をつけておくとよいと思います。

道具
鉄板(鍋なのに鉄板なのです。)
返し、トング、菜箸など

作り方
鉄板を熱します。熱くなったら、油をひきます。
鉄板の真ん中を使って焼きます。

(ニンニクを使う場合は最初ににんにくから、なければ肉から)
油が十分に広がったら、スライスしたにんにくを炒めます。
このとき火力は中火~弱火にします。
にんにくがほんのり黄金色になったら、肉を載せて焼きま
す。

(肉は一種類ずつ焼くのがよいと思います)
肉の量が多すぎると焼くのに時間がかかります、
ほどほどの量にしたほうがおいしくいただけます。

肉の表面の色が変わったら、肉に野菜を載せます。
火の通りにくいニンジンや白菜などの野菜を肉に近い下の
ほうに、上のほうにはピーマンやもやしなどを、一番上には
茸とネギになります。


肉と野菜の山を囲むように厚揚げ、こんにゃくを置きます。
この時も火力は中火から弱火のままです。

そのまましばらく待ちます。
ここが辛抱です。

野菜の山の上のほうがしんなりしたら、いったん強火にしま
す。

北の錦(日本酒)を投入します。
加減は鉄板の表面でお酒が沸いて泡がたつ程度に回しな
がら掛けます。

日本酒をまんべんなく回しかけ

アルコール分が煮切ったら、火を中火にします。

肉野菜がしんなりしてきたら、味をしみ込ませながら、焦げ
ないようにこまめに混ぜます。
混ぜながら焦げそうになったら、酒をかけて調整します。

全体の水分がなくなってきたら、塩コショウで味を調え、出
来上がり。

お好みですき焼きのようにとき卵をつけながら食べても濃
厚な味楽しめて、おいしいです。


日本酒の本来の味を楽しむものなので他の味付けは不要
なのですが、とき卵はよく合います。
好みですが、八丁みそなどの味噌で締めてもおいしいと思っ
たりしました。鉄板は焦げちゃうので、これで最後の材料を
使ってでしかできないですけどね。
味噌で閉めて、ご飯にのっけるとたまらない予感がするの
です。
いろいろ工夫するのもそれぞれの家庭の味になるのだと思
いました。

ちなみにこの西條の美酒鍋はもともと広島・西條の賀茂鶴の
杜氏であった石川杜氏が安い材料で若い蔵人を満足させる
食事をと考えられた料理だそうです。
杜氏のまかない料理だったのですね。
蔵人のことを昔は、水に濡れてびしょびしょになることから
”びしょ”と呼んだのでそうで、そこから”びしょ鍋”。
”びしょ”ではということで後に”美酒”に充てたそうです。
石川杜氏の名前をもじって”五右衛門鍋”とも呼んだそうです。

シンプルですが、とても美味しい料理です。
お酒をつかいますが、煮切りますのでアルコール分は跳んで
うまみだけが残りますので子供でもおいしくいただけると思い
ます。

夏は冷や、冬は燗の日本酒と合わせてももちろんいけますね。
ビールでもOK。
美酒鍋
是非お試しあれ。












2

造り酒屋をもっと知る会

テーマ:素敵な北海道
昨日は栗山町の北の錦・小林酒造さんで開かれた
【酒造り歴48年 脇田征也杜氏を囲む会】
~脇田流の酒造り人生 講演会&西条の美酒鍋つき~

に参加してきました。

北の錦といえば脇田杜氏といわれるぐらい、さらに、北海道米の吟風、彗星を使った素晴らしい日本酒
を世に送り出したこの名杜氏にお会いしたくて、お話を聞きたくて、参加したのでした。

酒林

参加メンバーは41名、皆杜氏の話を真剣に聞いています。
蔵の中を一時間ほどかけてゆっくりと見学させていただき、
とある蔵では、
”ここは夕張炭鉱が盛んなことには毎日タンク二つ分二級酒を出荷していた。儲かった・・・。(爆笑)”

蔵の説明をする脇田杜氏

”床をコンクートにするときに蔵の土を掘り返したら、1メートルのところでもお酒の香りがした、
長い年月の間にしみ込んだんですね”
”ここには社長にも飲ませたことがない80年前の古酒が蔵で眠っています”
などなどなど。

脇田杜氏

蔵めぐりの後は講堂に席を移しての講演会;
これがまた、楽しく楽しいお話でした。

余談でおいしい甘酒の作り方を教えていただき、甘酒といえどひと手間加えることで、おいしいものができる
と感心したのでした。

本当に素晴らしかったです。

その後西條の美酒鍋と新酒の宴会となったのですが、車で行った私はお酒は薫りを楽しみ、舐めるだけ。
西条の美酒鍋も控え目に、周りの参加者との歓談や、脇田杜氏の弟子、南杜氏とのお話も楽しくて楽しくて。
その南杜氏が持参された、販売していない、さわやかな香りと舌触りの(舐めるだけですから)にごり酒、ぐっと
くる香りと強烈な舌触りの清酒がまた・・・。車で来たことを悔やんだのでした。

北の錦の美酒たち

そして、あっというまに時間が過ぎて行きました。


ちなみに、一緒に行った相方は楽しすぎて、うまい酒に羽目外し大変な目に。まあ、それは御愛嬌ということで。


本当に楽しい時間をありがとうございました。


西條の美酒鍋に関してはまた別の機会にね。
おいしいですよ、これが・・・。
1

一太郎25th

テーマ:ひといき
一太郎起動画面

ずいぶんお世話になったなあ。

私は8801から入ったので、ユーカラ派だったのだけど、後に、一太郎にはずいぶんお世話になりました。
DOS時代が懐かしい。

その一太郎の開発元のジャストシステムさんが発売25周年記念で初代の画像を再現した
スクリーンセーバーを無料で配っています。

もちろん、ありがたくダウンロードさせていただきました。


もう、25年も昔かぁ・・・。

いまは、ATOKしかつかってないなあ・・・。

ダウンロードはこちらから

3

東雲湖

テーマ:素敵な北海道
東雲湖。

初めていったのはもう四半世紀近く昔。
実はそれ以来行ったことがない、思い出の中に深く刻まれている湖。


大学時代。3年の時、ゼミの旅行が夏の終わり、8月末の北海道でした。
カニ族(大きなリュックを背負い、国鉄などを乗り継いで回る旅行族)の聖地・北海道。
大きな憧れがありました。

ただ残念ながら、わたしたち男3人組(ゆうちゃん、りっし、わたし)は、カニ族ではなく、ゼミ旅行の途中で教授たちと別れ、千歳空港(新ではない)でトヨタ・スターレット(マニュアル5速)を借りてのちょっとリッチに北海道を、まだ見ぬ大地を目指したのでした。

函館から一緒に北上してきたゼミの仲間と千歳空港で別れ、その日は支笏湖畔のユースホステルに一泊。ジンギスカンを食べたのは覚えているのですが、温泉に入った記憶がありません。
大の温泉好きの私なのですが・・・。

翌朝は南を目指し襟裳岬へ、森進一の歌はやっぱり利きます。
しびれる風のなか、遠くまで見渡せた風景は頭の中に焼き付いています。

その夜は帯広まで向かい、今無くなってしまった帯広ユースホステルに一泊。
夜は宿泊の仲間たちと椅子取りゲームなど・・・。
その頃のユースホステルは皆ドコモそんな感じ。
朝は朝でお見送りの行事なんかあったりして・・・。

アットホームだったなあ…。

次の日、初めて感じる十勝平野はどこまでもまっすぐな道と、緑の畑と、Milk Land Hokkido の青い看板。
ラジヲから流れるBGMは中森明菜の”少女A”。
快晴の晩夏の空を背景に目指したのが、北海道三大秘湖の中で唯一直接の道路がない湖、東雲湖だったのでした。

然別湖(今とは風景が違っています)についた私たちは、湖畔のホテルの舗装がされていない駐車場に車を止め遊覧船の切符を買って、反対側の船着き場まで(今では、もう、この船着き場も泊る船もないですよね)ドキドキ、わくわくしながら湖を渡ったのでした。

船着き場から原生林の中、高山植物たちを愛でながら、細い道を15分ほど。
視界が開け東雲湖に到着です。
その景色は四半世紀を過ぎた今も忘れることができません。
湖というには浅く狭いかわいい池に、映った北海道の青い空と白い雲。
今と違い木立も小さかったのか、夏の時期なのに湖がとてもよく見えました。

この、東雲湖を見ていると、心の中に、やさしい、ほっとするような、そんな感じが満ちてきます。
船の便の関係で、湖にいたのは20分ほどでしたが、これは一生の思い出になる景色だなと思ったのをよく覚えています。

現世ではない、それほどの美しさでした。

帰りの船に乗り、現世に戻り、その後、大雪山を超え、旭川抜け、美瑛、富良野をめぐり、やはり、今はもうなくなってしまった、富良野ホワイトユースホステルの泊り、ワインを楽しみ・・・。

いろいろな思い出がよみがえってくる旅はまた別の機会に・・・。


それにしても東雲湖へ渡る遊覧船はなぜなくなってしまったのだろう。
自然を壊すことになるかもしれないのはわかるのだけど・・・。
ナキウサギを守るためなのかな・・・。

限定でよいから復活してくれないかな。
2

新校舎の写真撮影

テーマ:ひといき
故あって、市立の高校の新校舎の写真撮影を行うことに。

素晴らしい校舎で感激。
2時間弱で250枚ほど撮りました。


この時期に汗だくです。


写真は体力勝負ですね。


腕のほうはまだまだです。(反省)


視聴覚室
市民開放もされる視聴覚室 大きなスクリーンと性能のよいプロジェクターがあり。
思わず同行の事務長に”自主映画上映会もできますね”

大階段
一階から五階まで吹き抜けになっている階段室 

日差しいっぱいの食堂
学食 昼と夜営業 暖かな日差しあふれる、窓からの眺望もGOOD!


新学期からの子供たちの歓声が聞こえてきそうで、楽しみです。
0

幼稚園バスから・・・

テーマ:ひといき
幼稚園の送迎バスを見ていたら、
昔やっていた"走れケー100"というドラマを思い出した。

幼稚園の送迎バス

好きだったなあ。




作曲かまやつひろし 歌は、”スター”にしきのあきら だったのですね。

この”ケー100”今はもうないのかな・・・。

0

王様のチョコクラウン

テーマ:おいしいもの
昨日みつけた新作のスイーツというか、ブレッド。

モリモト謹製の"王様のチョコクラウン"

モリモト謹製王様のチョコクラウンモリモト謹製チョコクラウン

デニッシュ生地なんだけど、ずっしり重いのはチョコレートがたっぷり、練り込んであるせいかな。

軽くオーブンで温めてからたべると、チョコレートの甘~い香りと、
デニッシュ生地から薫るバターの香りが香ばしくて、おなかが、グググッとなきました。


ごちそうさまでした。

0

カルロス・クライバー ある天才指揮者の伝記(上)

テーマ:
今読んでいる本。先月の半ばから少しずつ読み進めています。
マエストロの指揮する音楽を聴きながら・・・。


カルロス・クライバー ある天才指揮者の伝記(上)
カルロスクライバー ある天才指揮者の伝記(上)

謎が多い天才指揮者カルロス・クライバーの生涯を関係者からの
情報を丁寧な追跡調査で再構成していて、クライバーファンが
心底求めていた伝記というより研究書。

一つ一つひもとかれていくカルロスクライバーの生涯。
私のクラッシック人生を変えてしまった、天才指揮者。
もっと長生きして欲しかった。たくさん演奏を聴きたかった。
マエストロの指揮した曲はどれも宝です。
マエストロの演奏を生で聴けた幸せは、一生の宝。
握手をすることができたことは生涯の思い出です。


私が毎朝聴く音楽は、
クライバー&ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの ウィンナー
ワルツです。



なんと、この、カルロス・クライバー ある天才指揮者の伝記(上) はクラッ
シック系の書籍にしては驚異的なことに二刷まで行っています。 すごい。




# 単行本: 496ページ
# 出版社: 音楽之友社; 四六版版 (2009/9/4)
# 言語 日本語
# ISBN-10: 4276217946
# ISBN-13: 978-4276217942
# 発売日: 2009/9/4
# 商品の寸法: 19.2 x 14 x 2.8 cm
3

今日の予定

テーマ:ひといき
今日の予定
(1)インターネット安全教室
・日時 : 平成22年3月20日(土) 13:30~15:30(開場 13:00)
・会場 : 札幌市民ホール 第1・第2会議室
札幌市中央区北1条西1丁目(Tel.011-252-3700)
地下鉄大通駅下車 31番出口正面(旧市民会館跡地)
http://www.sapporo-shiminhall.org/access/index.html
・主催 : 経済産業省、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)
・共催 : 北海道情報セキュリティ勉強会(せきゅぽろ)
・後援 : 警察庁、北海道警察本部、
札幌市教育委員会、札幌市PTA協議会、一般社団法人LOCAL

これは自分自身のため、勉強のため。
今後自分で"インターネットの安全”についてをお話す際に、どのような
お話にすれば、理解が高まるのかを知るのにとても勉強になります。

(2)お疲れ様会
設立当初からのNPOの仲間が第一線からご勇退されるので、仲間みんなでお疲れ様会を。

本当にご苦労様でした。

(3)お魚屋さん
週末にここは外せません。
ただし、遅くなりそうなので、大将に会えるかな?
はたして・・・。


自分自身は、あと10日あまりになりました。
さて・・・。
0
1  |  2  |  3    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2010年03月      >>
28 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

サイトバナー

かみしほろん

プロフィール

nigaonaruto

FAT'N

名古屋から移住してきた札幌在住の自由人です。愛称はFAT'N(ふぁっとん)。別名、サッポロのらーめん大好きな、たこ焼きおじさん。

現在は福祉系のお仕事をしています。
いろいろと気に病むことはあるけれど、やまのようにどっしり構えたこころで、人生を送りたいと願っています。

夢は、いつか、自然豊かな、上士幌に遊びに行きた~~~~~い!

性別
男性

このブログの読者

読者になる
読者数:4人

お気に入りブログ

最近のトラックバック